文化財情報検索

三所神社 西区

印刷する

指 定 その他
区 分 その他
種 別 その他
所 在 地 福岡市西区宮浦
時 代 江戸、その他
所 有 者 三所神社

紹介文

 祭神は田心姫命(たごりひめのみこと)、湍津姫命(たぎつひめのみこと)、市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)。創立は神亀5年(728)と伝える。江戸時代、筑前五ヶ浦廻船の基地であった宮浦の氏神である。
この神社に掲げられる板絵着色武者絵馬は、宮浦の船頭4人が享和3年(1803)に奉納したもので、縦80.0cm、横121.5cm、加藤清正の虎退治を画題とする。
作者は葛飾北斎高弟の江戸の浮世絵師柳々居辰斎。辰斎の肉筆画は10点ほど残るが、そのほとんどは国外に所蔵されるものである。また、製作年次が明らかなものは本作品だけで、辰斎の基準作品としての価値を持つ。五ヶ浦廻船の最盛期を裏付ける絵馬であるといえる。

その他の写真

地図

近隣の文化財

  • 1 東林寺・万葉歌碑(韓亭) 西区

     今津湾を西に回りこんだ糸島半島の東岸に、唐泊港がある。天然の良港で、古くから韓泊、能許の亭と呼ばれ知られていた。  この港を見下ろす山...
    詳細を見る

近辺情報

時代別検索

エリア・マップ検索

種別検索

キーワード検索

  • クリア
  • 検索
カテゴリーの紹介
建造物
絵画
彫刻
工芸品
書跡・典籍・古文書
考古資料
歴史資料
無形文化財
無形民俗文化財
有形民俗文化財
史跡
名勝
天然記念物
文化的景観
伝統的建造物群保存地区
選定保存技術
埋蔵文化財
その他