文化財情報検索

飯盛山 西区

印刷する

指 定 その他
区 分 その他
種 別 その他
所 在 地 福岡市西区飯盛
時 代 平安、鎌倉、南北朝、室町、その他

紹介文

 標高382.4m、早良平野の西にそびえる山である。
 平野側から見るときれいな三角形をなす山容は、信仰の対象として、またランドマークとして古代から親しまれてきた。山裾には、弥生時代中期初頭の王墓として注目を集めた吉武高木遺跡(国指定史跡)に代表される豊かな埋蔵文化財が点在する。
 山頂を上宮とする飯盛神社の社伝には神殿の建立を貞観年間とするが、飯盛山に対する信仰はさらにさかのぼる可能性が考えられる。山頂からは、永久二年(1114)銘の瓦経が出土しており、信仰の古さを裏付けている。東山麓の飯盛神社は、飯盛山全体を神域とし、中世・近世を通じて、早良郡一円に信仰圏を有した。
 戦国期には山頂に飯盛山城が築かれた。現在も山頂部の主郭とそれを取り巻く郭が認められる。
 中腹の中宮から山頂に至る登攀路は険しいが、山頂から早良平野・福岡平野を臨む眺望はすばらしい。

その他の写真

地図

近隣の文化財

  • 1 飯盛文殊堂 西区

    鎌倉時代、奈良西大寺の末寺で、この地方の真言律宗の中心として栄えました。 堂内には、仏師堪幸作の文殊菩薩騎獅像(市指定文化財)が安置され...
    詳細を見る
  • 2 瀧田紫城折中塾跡 西区

    福岡藩の西新生まれの幕末の蘭学者の瀧田悠吉(たきたゆうきち、号は紫城=しじょう)の塾跡で、頭山満(戦前のアジア主義の大立者)、金子賢太郎...
    詳細を見る
  • 3 貞和五年銘梵字板碑 西区

     貞和5 年(1349)の板碑で飯盛神社の南側、かつて神宮寺があった跡地に残る文殊堂の左前方に立っています。花崗岩の自然石に無円相の種子と銘文...
    詳細を見る
  • 4 飯盛神社 西区

     飯盛神社は旧早良郡7ヵ村の惣社で、誉田別命(ほむだわけのみこと)・伊弉再命(いざなぎのみこと)・玉依姫命(たまよりひめのみこと)を祭神と...
    詳細を見る
  • 5 飯盛神社のかゆ占 西区

     飯盛神社はもと早良郡の惣社といわれ、近世に入ってからも周辺七ヵ村の農耕守護神として崇められて来た。ここの粥占は、小正月の朝神前に粥を...
    詳細を見る
  • 6 飯盛神社本殿 西区

     古代以来、旧早良郡7ヶ村惣社として篤い崇敬を受けた、飯盛神社の本殿。  正面3間、側面2間、流造、銅板葺、3間向拝付。建物は乱石積の...
    詳細を見る

近辺情報

時代別検索

エリア・マップ検索

種別検索

キーワード検索

  • クリア
  • 検索
カテゴリーの紹介
建造物
絵画
彫刻
工芸品
書跡・典籍・古文書
考古資料
歴史資料
無形文化財
無形民俗文化財
有形民俗文化財
史跡
名勝
天然記念物
文化的景観
伝統的建造物群保存地区
選定保存技術
埋蔵文化財
その他