文化財情報検索

元寇防塁(向浜地区) 西区

印刷する

指 定 国指定
区 分 記念物
種 別 史跡
所 在 地 福岡市西区小戸3-57
時 代 鎌倉

紹介文

 文永11年(l274)蒙古の襲来を受けた鎌倉幕府は、建治2年(1276)に博多湾の海岸線に石築地(いしついじ)を築いて再度の来襲に備えることにした。これを元寇防塁(げんこうぼうるい)と呼ぶ。
 向浜地区は、大正10年(1921)に内務省の考査官が現地視察し、石塁を確認したとされているが、詳細は不明である。その後昭和30年(1955)の台風によって姪浜一帯の海浜が浸食された際に石塁が崩壊したという記録が残っている。
 現在は、小戸公園の一角に擬木柵に囲まれて指定地があり、説明板が立っている。

地図

近隣の文化財

  • 1 小戸台場跡 西区

    幕末期、黒船の来襲に備えるために博多湾岸におかれた砲台のひとつ。海に張り出した低い丘陵上に築かれた。 小戸大神宮背後の丘の中腹に、低い石...
    詳細を見る
  • 2 照林寺 西区

    臨済宗大徳寺派の寺院です。かつては旦林寺という名前のお寺で、別の場所にありました。300年ほど前に現在の場所に移り、その後、大正6年に東照...
    詳細を見る
  • 3 興徳寺 西区

     臨済宗大徳寺派。山号は海晏山。寺伝によれば、文応元年(1260)北条時定の開創という。宋より帰国した南浦紹明(なんぽじょうみん、大応国師)が...
    詳細を見る
  • 4 水町天満宮 西区

    元は福岡城内に祀られていましたが、明治時代に福岡城が廃城となり解体される際に、この地に移設したとされています。菅原道真公を祀っています...
    詳細を見る
  • 5 順光寺 西区

    浄土真宗本願寺派の寺院です。怡土郡(いとぐん:現在の糸島市)から安土桃山時代末の慶長元年(1596 )に移転してきたと伝えられています。
    詳細を見る
  • 6 元寇防塁(脇地区) 西区

     文永11年(l274)蒙古の襲来を受けた鎌倉幕府は、建治2年(1276)に博多湾の海岸線に石築地(いしついじ)を築いて再度の来襲に備えることにした...
    詳細を見る

近辺情報

時代別検索

エリア・マップ検索

種別検索

キーワード検索

  • クリア
  • 検索
カテゴリーの紹介
建造物
絵画
彫刻
工芸品
書跡・典籍・古文書
考古資料
歴史資料
無形文化財
無形民俗文化財
有形民俗文化財
史跡
名勝
天然記念物
文化的景観
伝統的建造物群保存地区
選定保存技術
埋蔵文化財
その他