文化財情報検索

筥崎宮鳥居 東区

印刷する

副 称 石造明神鳥居 柱に慶長第十四太歳舎己酉季秋中旬の刻銘あり
指 定 国指定
区 分 有形文化財
種 別 建造物
所 在 地 福岡市東区筥崎1丁目22-1
時 代 江戸
所 有 者 宗教法人 筥崎宮

紹介文

 この筥崎宮の一の石鳥居は、最も多い明神鳥居の一変形で、黒ずんで荒い肌を見せている石材は、肥前鷹島(現長崎県)の産である。柱に「于●慶長第十四太歳舎己酉季秋中旬」、「豊臣黒田筑前守長政建立」の刻銘が施されており、慶長14年(1609)福岡藩主黒田長政による建立であることがわかる。
 明神鳥居の形式は、奈良時代の末ごろにできたといわれている。その特色は、柱が八字形に上部で内側の傾斜し、いわゆる「転び」の様式をとり、柱脚には亀腹(饅頭)という基礎があり、笠木、島木は曲線を描き、両端で反りをみせ、反増となり、笠木、島木の先端(鼻)は斜めに切られている。
 ところで、筥崎宮鳥居の著しい形式上の特色は、上部の笠木と島木が形式化して、単なる刳り出しとして表現され、笠木、島木の両端が包丁反りになっている点にある。また、割り出しがどっしりしており、藩主の大社への寄進にふさわしく、九州の代表的な鳥居である。

その他の写真

地図

近隣の文化財

  • 1 石燈籠一基 東区

     本殿に向って右側に立っている。花崗岩製で、笠、火袋、中台、基礎など、全体の基本となる各部は六角形に作る。  鎌倉時代の石燈籠に見るよう...
    詳細を見る
  • 2 筥崎宮 東区

     筥崎宮は応神天皇・神功皇后・玉依姫命を祭神とし、延長元年(923)、穂波郡大分八幡宮から移設されたのが創建とされる。神功皇后は応神天皇を生...
    詳細を見る
  • 3 筥崎宮神幸行事 東区

     筥崎宮の御神幸は、放生会の期間中に、隔年(西暦奇数年)9月12日から14日にかけて執行されている。古くは博多夷町の頓宮まで、海上渡御の御神幸...
    詳細を見る
  • 4 筥崎宮の玉取祭 東区

     1月3日に集団で競って玉取を行い、その年の吉凶を占う正月行事であり、通称「玉せせり」と呼ばれる。玉せせりに使われるのは重さ8kgほども...
    詳細を見る
  • 5 筥崎宮拝殿 東区

     本殿同様に天文15年(1546)年、大内義隆が建立したものである。宗像神社と同じく本殿の正面中央部にT字形をなして接し、妻を正面とした切妻造...
    詳細を見る
  • 6 筥崎宮本殿 東区

     大内義隆が天文15年(1546)に建立したもので、九間社流造である。向拝各間の正面には、それぞれ登勾欄付木階が設けられている。左右側面一間に...
    詳細を見る

近辺情報

時代別検索

エリア・マップ検索

種別検索

キーワード検索

  • クリア
  • 検索
カテゴリーの紹介
建造物
絵画
彫刻
工芸品
書跡・典籍・古文書
考古資料
歴史資料
無形文化財
無形民俗文化財
有形民俗文化財
史跡
名勝
天然記念物
文化的景観
伝統的建造物群保存地区
選定保存技術
埋蔵文化財
その他