文化財情報検索

旧三浦家住宅 博多区

印刷する

指 定 市指定
区 分 有形文化財
種 別 建造物
所 在 地 福岡市博多区冷泉町6-10
時 代 明治
所 有 者 福岡市

紹介文

 明治中期に建設され、旧櫛田前町通りに面して建っていた町家。
 明治20年代前半に、博多織元の住居・店舗兼織り場として建築された町家である。主屋の間口は四間。このうち、西側部分約一間半強に表から店の間・中の間・座敷が一列に並び、中央部分約一間弱に通り庭が、東側部分約一間半に織り場が並行する。
 昭和初年まで博多織元の往居・店舗兼織り場として使用されていたが、平成4年、前所有者三浦新五郎氏(冷泉町7番1号)より福岡市に譲渡され、旧所在地から約100m南の櫛田裁縫学校跡地(冷泉町6番10号)に移築復元された。平成7年8月10日より「『博多町家』ふるさと館」の一棟として一般公開されている。
 

その他の写真

地図

近隣の文化財

  • 1 博多町家ふるさと館(旧三浦家住宅) 博多区

     本館は明治・大正時代の博多の暮らしと文化を広く紹介する施設で、展示棟、町屋棟、みやげ処に分かれる。  展示棟は「流れ」という博多独自の...
    詳細を見る
  • 2 博多祇園山笠行事 博多区

     博多祇園山笠は、鎮守神櫛田神社の相殿に祀られている祗園午頭天王(ぎおんごずてんのう、神道では素盞鳴尊)の祭りである。平安時代に始まった...
    詳細を見る
  • 3 櫛田の銀杏 博多区

     銀杏は中国語読みの影響があってギンナンと発音される。福岡ではギナンといわれたりもする。標準的な和名はイチョウである。葉の形が家鴨の水か...
    詳細を見る
  • 4 蒙古碇石 博多区

     博多湾を中心として発見される特殊な考古資料に、「蒙古碇石」がある。  全長が2~3mの角柱状の石で、中央部が最も広く、両端がややせまくな...
    詳細を見る
  • 5 蒙古碇石 博多区

     博多湾を中心として発見される特殊な考古資料に、「蒙古碇石」がある。  全長が2~3mの角柱状の石で、中央部が最も広く、両端がややせまくな...
    詳細を見る
  • 6 櫛田神社 博多区

     祭神は大幡主命(おおはたぬしのみこと、櫛田大神)、天照大神(あまてらすおおみかみ)、素戔嗚尊(すさのおのみこと、祇園大神)。天平宝字元...
    詳細を見る

近辺情報

時代別検索

エリア・マップ検索

種別検索

キーワード検索

  • クリア
  • 検索
カテゴリーの紹介
建造物
絵画
彫刻
工芸品
書跡・典籍・古文書
考古資料
歴史資料
無形文化財
無形民俗文化財
有形民俗文化財
史跡
名勝
天然記念物
文化的景観
伝統的建造物群保存地区
選定保存技術
埋蔵文化財
その他