文化財情報検索

万葉歌碑(也良の崎) 西区

印刷する

指 定 その他
区 分 その他
種 別 その他
所 在 地 福岡市西区能古
時 代 その他

紹介文

 「沖つ鳥 鴨とふ小舟の 還り来ば 也良の崎守 早く告げこそ」(巻16・3866)

 海で遭難し帰らぬ人となった志賀(しか)の荒雄(あらお)にちなんで、筑前守山上憶良が詠んだ歌である。「鴨」は、荒雄が乗り込んで遭難した船の名前である。「崎守」は、筑紫に派遣されて国防に当たった防人(さきもり)のこと。防人の配属地は具体的には不明であり、それを推測させる貴重な史料でもある。也良の崎は、能古島の北端、也良岬のことであり、ここからは玄界灘から博多湾の入り口が一望できる。
 万葉歌碑は、書家八尋武人の揮亳になり、昭和44年建立。隣接する自然公園「アイランドパーク」には防人の狼煙台(のろしだい)が復元されている。

地図

近隣の文化財

  • 1 旧山下家住宅 西区

     姪浜漁港の傍らにあった明治8(1875)年建築の町家である。建築年代が明らかな町家のうち福岡市で最も古い町家。    住宅の特徴は、正面間...
    詳細を見る

近辺情報

時代別検索

エリア・マップ検索

種別検索

キーワード検索

  • クリア
  • 検索
カテゴリーの紹介
建造物
絵画
彫刻
工芸品
書跡・典籍・古文書
考古資料
歴史資料
無形文化財
無形民俗文化財
有形民俗文化財
史跡
名勝
天然記念物
文化的景観
伝統的建造物群保存地区
選定保存技術
埋蔵文化財
その他