文化財情報検索

細形銅剣鎔笵残欠 東区

印刷する

副 称

志賀島大字勝馬出土

指 定 県指定
区 分 有形文化財
種 別 考古資料
所 在 地 福岡市東区大字志賀島877
時 代 弥生
所 有 者 宗教法人志賀海神社

紹介文

 この細形銅剣鋳型は、1947年4月に大字勝馬で井戸を掘ったときに地下9尺のところで出土した。
 石材は金色の微粒子をふくむ砂岩質で、表面は灰白色、内部は白色をおびる。鋳型は上下両端を欠き現存長は18.1cm。断面はほぼ長方形で厚さは2.9~3.Ocm。側面と裏面は条痕状の線をのこすが平滑にととのえる。左側面中央は幅0.5~1cmの浅い溝状にくぼめる。
 残存する鋳型面は下部(幅約6.3cm)から上部(幅5.5cm)へ幅がせまくなる。細形銅剣の型は、中央に断面半円形の背(幅1.4~1.1cm、深さ6mm強~5mm強)を彫り、その左右に刳形をもつ葉部を彫る(深さ1mm強)。葉部幅は上端で3.2cm、下端で4.Ocmとなる。左右の刳方の上端は右側が左側より0.5cmほど上になる。刳万部での幅は上端で3.9cm弱、中央で3.6cm強をはかり、下端で葉部は最大幅をとる(幅4.2cmと推定)。
 この鋳型の出土地は1958年4月30日・31日に森貞次郎博士らが調査した。それによれば、この鋳型は無遺物層(第14層)上の第13層あたりに包含されていたらしい。弥生時代中期土器は第1~第13層で、中期はじめの土器は第7層下部以下で出土した。これによって本鋳型は弥生時代中期前半頃のものと考えられる。

地図

近隣の文化財

  • 1 志賀海神社の力石 東区

     本力石は志賀海神社拝殿脇に置かれている。玄武岩製の自然石で、長さ66cm、幅36cm、重量は118.2㎏である。「力石」、「芥屋町三右衛門」の銘...
    詳細を見る
  • 2 志賀海神社 東区

     海洋の神、底津綿津見神・仲津綿津見神・表津綿津見神の綿津見三神を祭神とし、玄界灘を望む海上交通の要衝に位置している。当地域は、海人を統...
    詳細を見る
  • 3 志賀海神社神幸行事 東区

     志賀海神社は綿津見(わだつみ)三神を祭り、長く海の守護神として北九州海辺の信仰を集めた古社である。神幸行事は当社最大の祭礼である。  ...
    詳細を見る
  • 4 志賀海神社の七夕祭 東区

     旧暦7月7日に、博多湾岸一円の漁師たちが、大漁旗をかかげ、海の守り神である志賀海神社に漁の安全と大漁を祈願して参拝する行事である。現在...
    詳細を見る
  • 5 志賀海神社歩射祭 東区

     1月2日から15日まで行われる年頭の行事。馬に乗らずに弓を射るのでこの名がある。阿曇百足の土蜘蛛退治伝承にちなむもので、破魔の目的と年占の...
    詳細を見る
  • 6 山ほめ祭 東区

     以前は旧暦2月15日、11月15日の春秋2回行われ、「狩漁の御祭」と称した。現在は春を「山誉種蒔漁猟祭」、秋を「山誉漁猟祭」と称し、4月15日と...
    詳細を見る

近辺情報

時代別検索

エリア・マップ検索

種別検索

キーワード検索

  • クリア
  • 検索
カテゴリーの紹介
建造物
絵画
彫刻
工芸品
書跡・典籍・古文書
考古資料
歴史資料
無形文化財
無形民俗文化財
有形民俗文化財
史跡
名勝
天然記念物
文化的景観
伝統的建造物群保存地区
選定保存技術
埋蔵文化財
その他