文化財情報検索

四箇遺跡群 早良区

印刷する

指 定 その他
区 分 埋蔵文化財
種 別 埋蔵文化財
所 在 地 福岡市早良区四箇田団地一帯(四箇田公園)
時 代 縄文、弥生、古墳

紹介文

 標高22m前後の微高地とその周辺に営まれた縄文~古墳時代の複合遺跡。昭和49年から団地建設などに伴って発掘調査が行われた。平野内の微高地で、縄文後期の集落が発見され、また泥炭層から漆器、マメ・ヒョウタンなどの種子が出土したことは、縄文時代の生産、技術などを再考させる一例となった。弥生~古墳時代の水利施設の検出は、原、免、田村遺跡群とともに、早良平野の水田開発の状況を示す。
 泥炭層部分約2,200平米が、団地南側の四箇田公園として残り、遺跡説明板が建つ。

その他の写真

地図

近隣の文化財

  • 1 都地城跡 西区

    天文元(1532)年、室町幕府の命により当地に下向してきた細川若狭守光行により築城された城跡です。
    詳細を見る

近辺情報

時代別検索

エリア・マップ検索

種別検索

キーワード検索

  • クリア
  • 検索
カテゴリーの紹介
建造物
絵画
彫刻
工芸品
書跡・典籍・古文書
考古資料
歴史資料
無形文化財
無形民俗文化財
有形民俗文化財
史跡
名勝
天然記念物
文化的景観
伝統的建造物群保存地区
選定保存技術
埋蔵文化財
その他