文化財情報検索

中津宮古墳 東区

印刷する

指 定 未指定
所 在 地 福岡市東区大字勝馬
時 代 古墳

紹介文

 万葉歌碑(第10号歌碑)横の小道を山に登ると志賀海神社中津宮が鎮座する。平成6年、この前庭部で志賀島で初めての古墳が発見され、福岡市教育委員会が発掘調査を行った。
 墳丘の規模や形態は神社の造成で不明だが、長さ2.75m、幅1.65mの竪穴系石室が検出された。須恵器、鉄製武器、耳環やガラス玉の装飾品などが副葬されていた。7世紀前半に築造された古墳で、勝馬を拠点とした海人集団の首長の墓であろうと調査者は推定している。
 現在は埋め戻されて、古墳を見ることはできない。

 参考文献
  福岡市教育委員会 1995 『志賀島・玄界島』(福岡市埋蔵文化財調査報告書第391集) 

その他の写真

地図

近隣の文化財

  • 1 万葉歌碑(志賀島第10号歌碑) 東区

    「志賀の海人は藻刈り塩焼きいとまなみ             髪梳の小櫛取りも見なくに」(巻3・278)  国民休暇村向かい側の海水浴場...
    詳細を見る
  • 2 万葉歌碑(志賀島第5号歌碑・荒雄の碑) 東区

    「大船に小船引きそへかづくとも                志賀の荒雄にかづきあはめやも」(巻16・3869)  志賀島北端部の国民休暇...
    詳細を見る
  • 3 しかのしま資料館 東区

     志賀島の北部には国民休暇村があり、ここには3基の万葉歌碑と荒雄の碑、資料館、そして何よりも美しい玄界灘が水平線まで広がる。  しかのし...
    詳細を見る
  • 4 堂ノ山箱式石棺墓 東区

     勝馬の集落内、西福寺裏山の墓地中にある。もとは3つの墳丘があったといい、その1基が昭和31年に発掘された。墳丘には積石をもち、内部主体は...
    詳細を見る
  • 5 万葉歌碑(志賀島第2号歌碑) 東区

    「志賀の山いたくな伐りそ荒雄らが             よすがの山と見つつ偲はむ」(巻16・3862)  志賀島の北端国民休暇村の南側に...
    詳細を見る

近辺情報

時代別検索

エリア・マップ検索

種別検索

キーワード検索

  • クリア
  • 検索
カテゴリーの紹介
建造物
絵画
彫刻
工芸品
書跡・典籍・古文書
考古資料
歴史資料
無形文化財
無形民俗文化財
有形民俗文化財
史跡
名勝
天然記念物
文化的景観
伝統的建造物群保存地区
選定保存技術
埋蔵文化財
その他