文化財情報検索

綿津見神社 東区

印刷する

指 定 その他
所 在 地 福岡市東区三苫6丁目21-19
時 代 現在

紹介文

 綿津見神を祭神とする社である。境内には大日堂・虚空蔵堂があり、ここに祭られた木造の不動明王立像、吉祥天立像、如来形立像、伝虚空蔵菩薩立像、伝薬師如来座像の5躯が「綿津見神社仏像群」として市有形文化財に指定されている。この仏像群は前4仏像が平安時代後期、他が南北朝時代の作とみられる。このうち如来形立像と菩薩立像は、11世紀あるいは14世紀に海中から引き上げられたとの言い伝えを残している。
 神社裏からは玄界灘を眼下におさめ、西に志賀島、北に相ノ島を望むことができ、夕日が美しい眺望の地に位置している。

その他の写真

地図

近隣の文化財

  • 1 綿津見神社仏像群 東区

     西に志賀島、北に相ノ島を望む海岸丘陵上に位置する、綿津見神社(わだつみじんじゃ)に安置されている仏像群であり、近世の地誌類にも紹介さ...
    詳細を見る

近辺情報

時代別検索

エリア・マップ検索

種別検索

キーワード検索

  • クリア
  • 検索
カテゴリーの紹介
建造物
絵画
彫刻
工芸品
書跡・典籍・古文書
考古資料
歴史資料
無形文化財
無形民俗文化財
有形民俗文化財
史跡
名勝
天然記念物
文化的景観
伝統的建造物群保存地区
選定保存技術
埋蔵文化財
その他