文化財情報検索

羽根戸古墳群 西区

印刷する

指 定 その他
区 分 その他
種 別 その他
所 在 地 福岡市西区羽根戸

紹介文

明治13年(1880 年)頃、高さ70. 5センチメートルの「装飾付器台・子持ちはそう」がほぼ完全な形で出土しました。これは国の重要文化財となっています。現在は伊勢神宮宝物館に所蔵されており、飯盛神社にレプリカが展示されています。

その他の写真

地図

近隣の文化財

  • 1 羽根戸原地蔵堂 西区

    新四国霊場第35番礼所の地蔵堂です。境内には桜の木が多く、花見の季節には多くの人が訪れています。
    詳細を見る
  • 2 松林飯山誕生地の碑 西区

    幕末の儒者である松林飯山の生誕地です。藩にあっても尊王派として活躍しましたが、慶応3 年1 月3 日に佐幕派藩士に暗殺されました。
    詳細を見る
  • 3 野方遺跡 西区

     野方遺跡は、弥生時代後期から古墳時代前期(今から約1800年前から1700年前)の大規模な集落跡である。1973年に福岡市教育委員会によって発掘調...
    詳細を見る

近辺情報

時代別検索

エリア・マップ検索

種別検索

キーワード検索

  • クリア
  • 検索
カテゴリーの紹介
建造物
絵画
彫刻
工芸品
書跡・典籍・古文書
考古資料
歴史資料
無形文化財
無形民俗文化財
有形民俗文化財
史跡
名勝
天然記念物
文化的景観
伝統的建造物群保存地区
選定保存技術
埋蔵文化財
その他