文化財情報検索

東光院境内 博多区

印刷する

指 定 市指定
区 分 記念物
種 別 史跡
所 在 地 福岡市博多区吉塚三丁目20番37号
時 代 平安、その他
所 有 者 福岡市

紹介文

 東光院は、大同元年(806)に、最澄(伝教大師)により開山された寺院で、本尊である薬師如来立像のほか、重要文化財として指定された仏像計25体および県指定文化財(絵画)15点が所蔵されていた。
 これらの文化財が本市に寄贈され、また境内地も譲渡されたので、保存・活用を図るため寺そのものも市史跡に指定されている。
 寄贈された文化財は、福岡市美術館に収蔵・展示されている。

その他の写真

地図

近隣の文化財

  • 1 謝国明の墓 博多区

     謝国明(生没年不詳)は宋(中国)出身の商人で、博多に居住して対外貿易に活躍した、いわゆる「博多綱首」の一人である。  宋で禅宗を学んで帰...
    詳細を見る
  • 2 若八幡宮の力石 博多区

     力石とは力だめしをする石のことだが、その由来は神霊の依坐である石を持ち上げることで豊凶・天候・武運等の神意を伺う石占の信仰に遡ると言われ...
    詳細を見る
  • 3 承天寺 博多区

     臨済宗東福寺派。山号は万松山。仁治3年(1242)、博多に住む中国人商人の謝国明が、宋から帰国した聖一国師(円爾弁円)を開山に迎えて創建した...
    詳細を見る

近辺情報

時代別検索

エリア・マップ検索

種別検索

キーワード検索

  • クリア
  • 検索
カテゴリーの紹介
建造物
絵画
彫刻
工芸品
書跡・典籍・古文書
考古資料
歴史資料
無形文化財
無形民俗文化財
有形民俗文化財
史跡
名勝
天然記念物
文化的景観
伝統的建造物群保存地区
選定保存技術
埋蔵文化財
その他