文化財情報検索

誓願寺 西区

印刷する

指 定 その他
区 分 その他
種 別 その他
所 在 地 福岡市西区今津851
時 代 鎌倉、室町、現在
所 有 者 (宗)誓願寺

紹介文

 真言宗仁和寺派で、山号は登志山と号する。
怡土荘の仲原氏太娘の発願により、僧寛智が建立したものである。嘉応2年(1170)に阿弥陀像の造立、大般若経の書写、法華経持者千人を置くという三種の誓いをたて、承安元年(1171)から同5年の間に阿弥陀像の造立と建物の建立を行っている。
今津から糸島郡全域にかけて、平安時代末期には怡土庄が存在した地域である。怡土庄の本家は法金剛院、領家は最初待賢門院、久安元年(1145)以降は仁和寺であり、総田数は天文2年(1533)の史料によると千八百町余に及ぶ広大なものである。今津はこの怡土庄の年貢等の積み出し港としてだけでなく、それまでの博多にかわり、新しく大陸との貿易港として活気を呈してきたところである。今津には梶取、水手等の水運業者が多数住んでおり、誓願寺は彼らの深い帰依と保護のもとにあったと考えられる。当寺にはこれらの面影を残す貴重な文化財が数多く伝えられている。かつては42の子院を持ち、かなりの規模を誇っていたが、今は大泉坊だけが残されている。
 臨済禅を日本に伝えた人物として著名な栄西と当寺との関係は深く、当寺の建立頃は当寺を活動の拠点とし、2度目の渡宋を果たす文治3年(1187)まで誓願寺に滞在した。この間、宋版一切経の入手に努めた。
 栄西自筆の盂蘭盆縁起は国宝に指定されている。また、誓願寺に伝わる銭弘俶八万四千塔や孔雀文沈金経箱は国指定の重要文化財である。

その他の写真

地図

近隣の文化財

  • 1 誓願寺 西区

     真言宗仁和寺派で、山号は登志山と号する。 怡土荘の仲原氏太娘の発願により、僧寛智が建立したものである。嘉応2年(1170)に阿弥陀像の造立...
    詳細を見る
  • 2 今津の十一日祭 西区

     今津の十一日祭りは登志宮を氏神とする上町・寺小路・東町の岡三町と四所宮を氏神とする本町が行う年頭の祭りで、現在は1月の成人の日に行われ...
    詳細を見る
  • 3 勝福寺 西区

     臨済宗大徳寺派の寺で、山号は龍起山。大覚禅師(蘭渓道隆)、鎌倉幕府5代執権北条時頼を壇越として、建長元年(1249)創建。延文5年(1360)に...
    詳細を見る
  • 4 今津人形芝居 西区

     今津の人形芝居は、明治24年3月、もと隣村大原にあった大原操人形の諸道具一式を譲り受け、恵比須座として創設されたものである。大原操人形は...
    詳細を見る

近辺情報

時代別検索

エリア・マップ検索

種別検索

キーワード検索

  • クリア
  • 検索
カテゴリーの紹介
建造物
絵画
彫刻
工芸品
書跡・典籍・古文書
考古資料
歴史資料
無形文化財
無形民俗文化財
有形民俗文化財
史跡
名勝
天然記念物
文化的景観
伝統的建造物群保存地区
選定保存技術
埋蔵文化財
その他