文化財情報検索

東入部遺跡群 早良区

印刷する

指 定 その他
区 分 埋蔵文化財
種 別 埋蔵文化財
所 在 地 福岡市早良区東入部
時 代 縄文、弥生、古墳、飛鳥、奈良、平安、鎌倉、南北朝、室町

紹介文

 早良平野の基部にあたる入部一帯は、昭和62年からの圃場整備に伴う発掘調査の結果、縄文時代から中世にかけての一大複合遺跡であることが分かった。
東入部遺跡群はこの南側を占め、縄文時代包含層、弥生時代集落・墓地、古墳時代集落・墓地(古墳)、古代の官衙的建物群・集落、中世の集落・墓地などの遺構がほぼ全域で確認された。
このうち広橋病院北側で発見された弥生時代の墓地は、前期から後期の甕棺墓170基、土壙・木棺墓50基からなり、その一部は複数の方形状の溝で区画される(墳丘墓か)。銅剣・釧、鉄剣・矛などを副葬する墓がみられ、その副葬品、副葬品を出した甕棺などは市の文化財(考古資料)に指定されている。弥生時代の掘立柱建物は中期前半に属し、掘立柱建物を住居として採用している点で注目される。
また、古代の遺物としては、国内初例にあたる唐三彩「万年壺」の蓋が出土している。このほか、須恵器円面硯・緑釉陶器・越州窯系青磁・白磁・緑釉緑彩陶などが出土しており、官衙に関連した集落遺跡と位置付けられている。

その他の写真

地図

近隣の文化財

  • 1 東入部遺跡群 早良区

     早良平野の基部にあたる入部一帯は、昭和62年からの圃場整備に伴う発掘調査の結果、縄文時代から中世にかけての一大複合遺跡であることが分かっ...
    詳細を見る

近辺情報

時代別検索

エリア・マップ検索

種別検索

キーワード検索

  • クリア
  • 検索
カテゴリーの紹介
建造物
絵画
彫刻
工芸品
書跡・典籍・古文書
考古資料
歴史資料
無形文化財
無形民俗文化財
有形民俗文化財
史跡
名勝
天然記念物
文化的景観
伝統的建造物群保存地区
選定保存技術
埋蔵文化財
その他