文化財情報検索

元寇防塁(長垂地区) 西区

印刷する

指 定 国指定
区 分 記念物
種 別 史跡
所 在 地 福岡市西区今宿駅前一丁目
時 代 鎌倉

紹介文

 文永11年(l274)蒙古の襲来を受けた鎌倉幕府は、建治2年(1276)に博多湾の海岸線に石築地(いしついじ)を築いて再度の来襲に備えることにした。これを元寇防塁(げんこうぼうるい)と呼ぶ。
 長垂山から今山にかけての防塁は豊前国が担当して築いた。古文書には、築城郡吉富村を本拠とした成富氏が、乾元2年(1303)この地区の防塁の修理を完了したという報告がある。弘安の役(1281)以後も防塁の修理が行われ、蒙古に対する警備体制が続いていたことを示している。
 なお、今宿地区では、長垂海水浴場前が国史跡に指定されている。長垂海水浴場では、砂浜の松林の中に石が埋まって連なっている状態を見ることができる。
 

その他の写真

地図

近隣の文化財

  • 1 元寇防塁(長垂地区) 西区

     文永11年(l274)蒙古の襲来を受けた鎌倉幕府は、建治2年(1276)に博多湾の海岸線に石築地(いしついじ)を築いて再度の来襲に備えることにした...
    詳細を見る
  • 2 今宿古墳群(鋤崎古墳) 西区

     今宿平野の東端に位置する前方後円墳である。昭和56~58年にかけて福岡市教育委員会が調査を行った。  墳長62m、高さ7mの墳丘は、三段に作...
    詳細を見る

近辺情報

時代別検索

エリア・マップ検索

種別検索

キーワード検索

  • クリア
  • 検索
カテゴリーの紹介
建造物
絵画
彫刻
工芸品
書跡・典籍・古文書
考古資料
歴史資料
無形文化財
無形民俗文化財
有形民俗文化財
史跡
名勝
天然記念物
文化的景観
伝統的建造物群保存地区
選定保存技術
埋蔵文化財
その他