文化財情報検索

金龍寺・貝原益軒の墓 中央区

印刷する

指 定 その他
区 分 その他
種 別 その他
所 在 地 福岡市中央区今川二丁目3
時 代 江戸、大正
所 有 者 (宗)金龍寺

紹介文

 金龍寺は、曹洞宗で山号を耕雲山という。永正5年(1508)怡土郡高祖村(前原市)に高祖城主原田弘種が創建。慶長16年(1611)に福岡藩士高橋伊豆により城下荒戸山に移転。二代藩主黒田忠之の時現在地に移転した。
 寺内には福岡藩の儒学者貝原益軒と東軒夫人の墓がある。
 大正7年、病気静養のため来福した倉田百三は、当寺に寓居し『愛と認識との出発』『俊寛』を構想執筆し、また武者小路実篤の「新らしき村」に共鳴してその支部を置いた。

その他の写真

地図

近隣の文化財

  • 1 金龍寺・貝原益軒の墓 中央区

     金龍寺は、曹洞宗で山号を耕雲山という。永正5年(1508)怡土郡高祖村(前原市)に高祖城主原田弘種が創建。慶長16年(1611)に福岡藩士高橋伊豆...
    詳細を見る
  • 2 亀井(南冥・昭陽)家の墓 中央区

     南冥、昭陽の墓は、浄満寺境内にある。南冥は、寛保3年(1743)、早良郡姪浜村(現在の西区姪浜町)に、町医者の長男として生まれた。  幼い...
    詳細を見る
  • 3 浄満寺山門 中央区

     浄満寺は、浄土真宗本願寺派に属し、寛永12年(1635)那珂郡春吉村(現在の福岡市博多区)で開基され、承応三年(1654)福岡大工町に移転、さら...
    詳細を見る
  • 4 元寇防塁(地行地区) 中央区

     文永11年(l274)蒙古の襲来を受けた鎌倉幕府は、建治2年(1276)に博多湾の海岸線に石築地(いしついじ)を築いて再度の来襲に備えることにした...
    詳細を見る
  • 5 九州大学西新外国人教師宿舎第3号棟 早良区

     大正11年(1922)、福岡市大坪町(現中央区六本松)に福岡高等学校が設置され、日本人教職員及び外国人教師のための宿舎が必要となった。そのた...
    詳細を見る
  • 6 西学問所跡 中央区

     天明4年(1784)、九代藩主黒田斉隆のとき、学問所が東西二ヶ所に設けられた。そのうち福岡城下に創建された西学問所、甘棠館の跡である。 ...
    詳細を見る

近辺情報

時代別検索

エリア・マップ検索

種別検索

キーワード検索

  • クリア
  • 検索
カテゴリーの紹介
建造物
絵画
彫刻
工芸品
書跡・典籍・古文書
考古資料
歴史資料
無形文化財
無形民俗文化財
有形民俗文化財
史跡
名勝
天然記念物
文化的景観
伝統的建造物群保存地区
選定保存技術
埋蔵文化財
その他