文化財情報検索

那珂遺跡 博多区

印刷する

指 定 市指定
区 分 記念物
種 別 史跡
所 在 地 福岡市博多区那珂六丁目316、317
時 代 縄文

紹介文

 稲作が始まった縄文時代晩期末の二重環濠集落跡。
 集落を囲む環濠は5m間隔で平行して走り、その平面形は長径160m、短径140mの円形になるものと考えられる。外側の濠は断面V字形で、幅5m、深さ1.8m、内側の濠は断面逆台形で、幅2m、深さ1m。濠内から夜臼式土器や石器が出土した。
 弥生時代初頭の環濠集落として板付遺跡、有田遺跡があるが、この遺跡はそれを一時期遡る。

その他の写真

地図

近隣の文化財

  • 1 那珂遺跡 博多区

     稲作が始まった縄文時代晩期末の二重環濠集落跡。  集落を囲む環濠は5m間隔で平行して走り、その平面形は長径160m、短径140mの円形になる...
    詳細を見る
  • 2 那珂八幡古墳 博多区

     古墳時代初期に築かれた墳長75m以上、高さ8mの規模を持つ前方後円墳である。  墳丘は地山整形と盛土でなり、その周囲には鍵穴形に周溝がめぐ...
    詳細を見る

近辺情報

時代別検索

エリア・マップ検索

種別検索

キーワード検索

  • クリア
  • 検索
カテゴリーの紹介
建造物
絵画
彫刻
工芸品
書跡・典籍・古文書
考古資料
歴史資料
無形文化財
無形民俗文化財
有形民俗文化財
史跡
名勝
天然記念物
文化的景観
伝統的建造物群保存地区
選定保存技術
埋蔵文化財
その他