文化財情報検索

聖福寺 博多区

印刷する

指 定 国指定
区 分 記念物
種 別 史跡
所 在 地 福岡市博多区御供所町6-1
時 代 鎌倉、南北朝、室町、安土桃山、江戸、その他
所 有 者 (宗)聖福寺

紹介文

 臨済宗妙心寺派。山号は安国山。
 建久6年(1195)、千光祖師栄西の開山。二度の入宋を果たして帰国した栄西が建てた日本最初の本格的な禅宗寺院である。
聖福寺につたわる『栄西言上状』には、博多居住の宋人が建立した百堂跡に創建されたという。元久元年(1204)に落成し、後鳥羽上皇から「扶桑最初禅窟」および「方丈」の宸翰を賜った。山門にかかる篇額「扶桑最初禅窟」は、この時の宸筆と伝える。
 室町時代には、京都五山十刹制の第3位に列した。
 子院直指庵は九州探題の在所であったことがあり、聖福寺造営の遣明船が派遺されるなど対外交渉にも関わっていた。文化・文政期の仙厓和尚は書画を以て衆生済度した名僧である。
 現存する主要建造物は江戸時代に再建されたものであるが、三門、仏殿、本堂が一直線に並ぶ伽藍配置は、禅宗寺院の典型的な伽藍型式をよく示しており、境内は国指定史跡となっている。
 大鑑禅師像その他の国指定重要文化財を所蔵する。境内にある瑞応庵には、無銘の石碑に転用された現存長73cm、花崗斑岩製の蒙古碇石(出土地不明)があり、県指定考古資料。また、戦国時代の史料である「安山借家牒」、「聖福寺古図」は市指定文化財である。

地図

近隣の文化財

  • 1 聖福寺 博多区

     臨済宗妙心寺派。山号は安国山。  建久6年(1195)、千光祖師栄西の開山。二度の入宋を果たして帰国した栄西が建てた日本最初の本格的な禅宗...
    詳細を見る
  • 2 聖福寺境内 博多区

     聖福寺は、二度の入宋を果して帰国した栄西が建立した日本最初の本格的な禅宗寺院である。元久元年(1204)に落成し、後鳥羽上皇から、「扶桑最...
    詳細を見る
  • 3 妙楽寺 博多区

     東長寺東側を南北に走る御供所通りの奥にある。 臨済宗大徳寺派。山号は石城山。正和5年(1316)、大応国師(南浦紹明)の法弟月堂宗規の開基...
    詳細を見る
  • 4 福岡藩主黒田家墓所 博多区

     大博通りに沿って、東長寺の築地塀越しに巨大な五輪塔がそびえている。福岡二代藩主黒田忠之(慶長7・1602~承応3年・1654)、三代藩主黒田光之...
    詳細を見る
  • 5 幻住庵 博多区

     臨済宗妙心寺派。山号は天目山。開基は大友氏時で、延元元年(1336)無隠元晦が馬出に開山。天保3年(1646)に博多の豪商大賀宗伯が聖福寺境内に...
    詳細を見る
  • 6 東長寺 博多区

     真言宗九州教団の本山。山号は南岳山。本尊は弘法大師。  寺伝では大同元年(806)、唐から帰国した空海(弘法大師)が海辺の地に一伽藍を...
    詳細を見る

近辺情報

時代別検索

エリア・マップ検索

種別検索

キーワード検索

  • クリア
  • 検索
カテゴリーの紹介
建造物
絵画
彫刻
工芸品
書跡・典籍・古文書
考古資料
歴史資料
無形文化財
無形民俗文化財
有形民俗文化財
史跡
名勝
天然記念物
文化的景観
伝統的建造物群保存地区
選定保存技術
埋蔵文化財
その他