文化財情報検索

今山遺跡 西区

印刷する

指 定 国指定
区 分 記念物
種 別 史跡
所 在 地 福岡市西区横浜二丁目
時 代 弥生
所 有 者 福岡市 外

紹介文

 今津湾の東側に位置し、標高約80mの今山に所在する。山頂及び山麓部に存在する玄武岩の露頭や転礫を用いた弥生時代の石斧製作跡である。
 昭和6年、中山平次郎によって製作所跡の存在と製作工程(粗割→打裂→敲打→研磨)が推定された。近年の調査では製作所跡が今山全体に分布することや製作時期が弥生時代前期末まで及ぶことが判明した。
 また、北部九州の広範な地域から今山産石斧が出土することから弥生時代の交易を示すものとして注目される。
 本来は、南北にふたつの頂を持つラクダの背のような独立丘陵であったが、北半分は宅地化し、すでに失われている。南の丘陵には熊野神社が祭られており、今津湾に開けた眺望は美しい。

その他の写真

地図

近隣の文化財

  • 1 今山遺跡 西区

     今津湾の東側に位置し、標高約80mの今山に所在する。山頂及び山麓部に存在する玄武岩の露頭や転礫を用いた弥生時代の石斧製作跡である。  昭...
    詳細を見る

近辺情報

時代別検索

エリア・マップ検索

種別検索

キーワード検索

  • クリア
  • 検索
カテゴリーの紹介
建造物
絵画
彫刻
工芸品
書跡・典籍・古文書
考古資料
歴史資料
無形文化財
無形民俗文化財
有形民俗文化財
史跡
名勝
天然記念物
文化的景観
伝統的建造物群保存地区
選定保存技術
埋蔵文化財
その他