文化財情報検索

宮前古墳群 東区

印刷する

指 定 未指定
所 在 地 福岡市東区高美台2丁目25
時 代 古墳

紹介文

 大神神社境内から北側の公園緑地内に分布する3基の円墳群である。昭和45年、団地造成工事の際調査された。神社拝殿西横の1号墳は横穴式石室の玄室が残るが、その北側の2号墳は埋め戻されて形をとどめていない。また公園緑地に位置するの3号墳は墳丘径20mで、内部主体は全長7.3mの横穴式石室。現在も形のよい墳丘と石室がそのまま残されている。石室から出土した須恵器と土師器から、6世紀末、この古墳群では一番最初に造られたとされる。この高見台では4群9基の古墳群が確認されたが、現存するのはこの古墳群だけである。

その他の写真

地図

近隣の文化財

  • 1 宮前古墳群 東区

     大神神社境内から北側の公園緑地内に分布する3基の円墳群である。昭和45年、団地造成工事の際調査された。神社拝殿西横の1号墳は横穴式石室の玄...
    詳細を見る

近辺情報

時代別検索

エリア・マップ検索

種別検索

キーワード検索

  • クリア
  • 検索
カテゴリーの紹介
建造物
絵画
彫刻
工芸品
書跡・典籍・古文書
考古資料
歴史資料
無形文化財
無形民俗文化財
有形民俗文化財
史跡
名勝
天然記念物
文化的景観
伝統的建造物群保存地区
選定保存技術
埋蔵文化財
その他