文化財情報検索

立花城跡 東区

印刷する

指 定 未指定
所 在 地 福岡市東区立花山山頂
時 代 南北朝、室町、安土桃山

紹介文

 福岡市東区と粕屋郡新宮町、久山町境の立花山(標高367m)に築かれた南北朝~戦国時代の山城である。豊後大友氏の拠点で、元徳2年(1330)に大友(立花)貞載が築城した。7世の鑑載が大友宗麟に叛いたため、戸次鑑連(道雪)がこれを攻めて入城し、後年立花氏を称した。天正14年(1586)、その子統虎(宗茂)が九州征覇のため北上して来た島津氏とここで戦い守り抜き、のちに秀吉から柳川の城主に抜擢された。黒田長政入国後は廃城となり、現在山頂部付近に石垣が数カ所残るだけである。一帯は立花山クスノキ原生林として国特別天然記念物に指定。また頂上からの眺望は素晴らしい。東区の一区一美の対象となっており、案内板や道標なども整備されている。

その他の写真

地図

近隣の文化財

  • 1 立花城跡 東区

     福岡市東区と粕屋郡新宮町、久山町境の立花山(標高367m)に築かれた南北朝~戦国時代の山城である。豊後大友氏の拠点で、元徳2年(1330)に大...
    詳細を見る

近辺情報

時代別検索

エリア・マップ検索

種別検索

キーワード検索

  • クリア
  • 検索
カテゴリーの紹介
建造物
絵画
彫刻
工芸品
書跡・典籍・古文書
考古資料
歴史資料
無形文化財
無形民俗文化財
有形民俗文化財
史跡
名勝
天然記念物
文化的景観
伝統的建造物群保存地区
選定保存技術
埋蔵文化財
その他