文化財情報検索

検索結果

エリア:博多区で検索した結果63件中1~10件目を表示しています。

  • 1 板付遺跡 博多区

    所在地
    福岡市博多区板付二、三丁目
    紹介文
     福岡平野の中央よりやや東寄りに位置する。御笠川と諸岡川に狭まれた標高12mの低い台地を中心として、その東西の沖積地を含めた広大な遺跡である...
    詳細を見る
  • 2 今里不動古墳 博多区

    所在地
    福岡市博多区大字金隈2ー2
    紹介文
     福岡平野東南部の月隈丘陵から延びる小高い丘陵上に築かれた直径34m、高さ9mの円墳。  内部主体は複室の横穴式石室で、全長11.2m。大きな...
    詳細を見る
  • 3 金隈遺跡 博多区

    所在地
    福岡市博多区金の隈一丁目39番52号
    紹介文
     金隈遺跡は、福岡平野の東を御笠川に沿って南北にのびる月隈丘陵のほぼ中央にある。  弥生時代の共同墓地の遺跡で、弥生時代前期の中頃(西暦2...
    詳細を見る
  • 4 金隈の鳶の水 博多区

    所在地
    福岡市博多区金の隈1丁目15-1 金隈公民館
    紹介文
     金隈の鳶の水は正月に行われる来訪神行事の一つである。この種の行事は、特に小正月(1月14日)に、扮装した青少年たちが家々を訪れ、祝言を述べ...
    詳細を見る
  • 5 神屋宗湛屋敷跡・豊国神社 博多区

    所在地
    福岡市博多区奈良屋町1-17
    紹介文
     神屋宗湛(1553~1635)は博多を代表する貿易家。曾祖父寿貞は石見銀山の発見者である。天正10年(1587)の大阪城茶会で秀吉から「筑紫ノ坊主」...
    詳細を見る
  • 6 嘉暦三年銘自然石梵字板碑 博多区

    所在地
    博多区麦野六丁目14番4号
    紹介文
     日吉神社(ひよしじんじゃ)社殿後方の西北隅に、2基の板碑が並んで建っている。右側の1基は高さ118cm。花崗岩自然石の頭部を山形に加工し、正面...
    詳細を見る
  • 7 九州鉄道発祥の碑 博多区

    所在地
    福岡市博多区博多駅前1丁目10
    紹介文
    詳細を見る
  • 8 旧三浦家住宅 博多区

    所在地
    福岡市博多区冷泉町6-10
    紹介文
     明治中期に建設され、旧櫛田前町通りに面して建っていた町家。  明治20年代前半に、博多織元の住居・店舗兼織り場として建築された町家である...
    詳細を見る
  • 9 櫛田神社 博多区

    所在地
    福岡市博多区上川端町1-41
    紹介文
     祭神は大幡主命(おおはたぬしのみこと、櫛田大神)、天照大神(あまてらすおおみかみ)、素戔嗚尊(すさのおのみこと、祇園大神)。天平宝字元...
    詳細を見る
  • 10 櫛田神社の力石 博多区

    所在地
    福岡市博多区上川端町1―41
    紹介文
     力石とは力だめしをする石のことだが、その由来は神霊の依坐である石を持ち上げることで豊凶・天候・武運等の神意を伺う石占の信仰に遡ると言われ...
    詳細を見る

時代別検索

エリア・マップ検索

種別検索

キーワード検索

  • クリア
  • 検索
カテゴリーの紹介
建造物
絵画
彫刻
工芸品
書跡・典籍・古文書
考古資料
歴史資料
無形文化財
無形民俗文化財
有形民俗文化財
史跡
名勝
天然記念物
文化的景観
伝統的建造物群保存地区
選定保存技術
埋蔵文化財
その他