福岡の歴史と民俗

日宋貿易と博多

第5の画期は日宋貿易が盛んとなる十二世紀で、貿易の拠点が鴻臚館から博多に移る時代です。宋人百堂や大唐街と呼ばれる居留地が造られ、博多はアジア有数の国際都市として繁栄しました。これまでの博多遺跡群の発掘調査で、この事を示すおびただしい量の宋代の陶磁器が出土しています。また、栄西をはじめ多くの著名な僧侶が博多に宋文化を伝え、西区の誓願寺や博多区の聖福寺などの禅宗寺院が建立されています。

一覧に戻る