国史跡 福岡城跡・鴻臚館跡

鴻臚館・福岡城が「特別な会場」に!

【2018年11月2日】

印刷する

 

歴史的建造物や博物館・美術館などの文化施設等は大規模会議やイベントの会場とすることで特別感や地域の魅力を演出することができます。このような会場のことをユニークベニュー(特別な会場)といい,福岡市はこれまで博物館等の文化施設や歴史的建造物で実施してきました。今年度は,史跡である鴻臚館や福岡城をユニークベニューとする試みを進めています。

たとえば,
古代の迎賓館であった鴻臚館で,国際会議後のレセプションを行い,海外の方々をおもてなしする,
あるいは
江戸時代に福岡の政治文化の中心であった福岡城で,ICTやスマートフォンを活用したイベントや現代アートの展示を行ったりすることは,参加する人たちに時代を超えた特別感を感じてもらうことができます。

 

10月23日には鴻臚館で初めてコンピュータ・アーキテクチャの分野において世界トップクラスの国際会議,第51回MICROのバンケット(晩餐会)を行いました。夜の鴻臚館展示館と広場で,世界一流のエンジニアの皆さんに,福岡が古代の国際交流の拠点として栄え,その迎賓館である鴻臚館の歴史に触れてもらうとともに,福岡城の石垣をライトアップし歴史資源の魅力も感じてもらいました。

また,福岡城のユニークベニューとして, 11月10・11日に南丸多聞櫓で,盆栽づくりワークショップと展示を行います。このイベントにあわせて普段は非公開の多聞櫓内部を公開します。
盆栽には古い瓦を鉢として用いる「瓦鉢」という作り方があり,講師の先生にこの瓦鉢を作っていただき,多聞櫓内に展示する予定です。修理により屋根瓦が美しさを取り戻した多聞櫓と縁の深い企画といえます。入場、観覧は無料ですが,ワークショップは予約が必要ですので,参加希望の方は下記までご連絡ください。(史跡整備活用課)


名称     てのひら盆栽づくりat多聞櫓
日時        2018年11月10日土曜/11日日曜
        10時30分~正午/14時~15時30分
参加費        1人につき3,240円(材料費含む、作った盆栽は持ち帰ることができます)
持ってくる物    エプロン、筆記用具、持ち帰り用のビニール袋

講師        櫻木千絵
福岡市城南区でてのひら盆栽教室櫻苑を主宰する他、福岡市植物園、朝日カルチャーセンター福岡、NHK文化センター福岡などでミニ盆栽講座を担当。
会場        福岡城南丸多聞櫓(重要文化財)福岡市中央区城内1
西鉄バス 福岡市美術館東口から徒歩5分
申込み     参加者氏名,参加希望日時、参加人数、連絡先を明記の上、メールまたはファックスにて下記へ申込み。開催日の前日まで。
問い合わせ先 てのひら盆栽教室櫻苑 FAX 092-517-0895
                    E-mail bonsaiouen@gmail.com 

一覧に戻る