新着情報

国史跡吉武高木遺跡「やよいの風公園」で、新春たこあげ大会が開催されました

【2018年1月22日】

印刷する

1月20日(日)、西区の国史跡吉武高木遺跡「やよいの風公園」で、新春たこあげ大会が開催されました。

この催しは、地域の小学生を主な対象に、地元の国史跡吉武高木遺跡保存会と金武公民館が共催したイベントで約100名が参加、全員でたこあげを楽しみました。

当日はまずみんなでたこを作ります。今回作ったたこはダイヤたこで、たてよこに竹ひごを張ったシンプルなものです。本体としっぽはビニール製で、いくつかの色を用意して自由に選んでもらいました。マジックで絵をかけば、りっぱなオリジナルたこのできあがりです。たこづくりが初めてという子どもも多くいましたが、地元の方々や保護者の応援もあり全員のたこが完成しました。

11時からやよいの風公園に移動、いよいよたこあげ開始です。

当日は晴天に恵まれてたこあげ日和。保護者や飛び入り参加の方も交じって、全員でたこあげを楽しみました。また、会場では地元の皆様による温かいぜんざいがふるまわれ、参加者全員で舌鼓を打ちながら、冬晴れの一日を満喫しました。

金武公民館でのたこづくり

自分だけのオリジナルたこができました

晴天の中、全員でたこあげを楽しみました

一覧に戻る