新着情報

吉武高木遺跡「やよいの風公園で宝ものさがし!」

【2018年8月29日】

印刷する

8月24日(金)西区の国史跡吉武高木遺跡で、台風一過の青空のもと「やよいの風公園で宝ものさがし!こども学習会」を開催しました。

今回の学習会は、地図やヒントを手がかりに、「宝もの」に見立てた園内の4つの展示物を探して、スケッチするものです。当日は、ケーブルテレビの取材もあり、参加したこどもたちも最初は恥ずかしそうにしていましたが、緑いっぱいの公園の中で少しずつ緊張もほぐれ、次々と「宝もの」を探し出しスケッチしていました。

甕棺(かめかん)に描かれたシカの絵画や青銅製の副葬品など、遺跡を代表する展示物を暑い中、一生懸命にスケッチするこどもたちの姿が印象的で、甕棺(かめかん)の大きさや豪華な副葬品に驚いた様子でした。

スケッチが終わったあとには、あずま屋(まがたま館)の中で「宝もの」を確認しながら、簡単な学習会を行い、当時の弥生人の思いや生活・地域の歴史など、吉武高木遺跡の特徴や歴史的な背景を勉強しました。
学習会終了後に、「勉強もできて、昆虫も見られて、とても楽しかった!」というこどもの声や、「市内にこんなに広々とした公園がある事を初めて知った。また来たい。」といった保護者の声をいただきました。
 

なお、「やよいの風公園」隣の花畑には、気の早いコスモスが一輪咲いていました。種まきの様子は7月24日に記事をアップしていますので、併せてご覧ください。10月下旬~11月上旬にかけて15万本のコスモスが開花予定です。


 

また、「やよいの風公園」では、平成30年11月3日(文化の日・祝日)にコスモスまつりを開催予定です。詳しくは市政だより(10月15日号)でお知らせいたします。
多数の方のご来園をお待ちしております。

一覧に戻る