新着情報

10月28日(日)に博多区住吉神社で「福岡市民俗芸能公演」を開催します!

【2018年10月11日】

印刷する

 民俗芸能とは、主にそれを職業としない人々によって演じられる歌や踊りのことを指します。人々は五穀豊穣や無病息災などの願いを民俗芸能に託し、現在まで大切に伝えてきました。
 今回、市内の5つの民俗芸能が住吉神社能楽殿(市指定有形文化財)につどいます。公演では、獅子舞や琵琶など、地域の人々によって大切に演じられ、福岡市の文化を彩ってきた様々な民俗芸能を一度にお楽しみいただけます。
 会場となる住吉神社能殿は昭和13年に完成しました。総ひのき造りの舞台には、音響上の工夫として床下に7個の甕が置かれています。本公演を通じて、通常はなかなか内部をご覧いただけない能楽殿の魅力も感じてください。
 

開催日時
 平成30年10月28日(日曜日) 14時~16時 (13時半開場)
 当日先着順。定員250名。入場無料。※未就学児も入場可。

会場とアクセス
 住吉神社能楽殿(福岡市博多区住吉3丁目1-51 住吉神社境内)
 JR博多駅・地下鉄博多駅より徒歩10分/西鉄バス「住吉」下車、徒歩約2分

出演
 香椎宮奉納獅子楽(香椎宮奉納獅子楽保存会)【福岡県指定無形民俗文化財】
 元岡祇園ばやし(元岡祇園ばやし保存会)【福岡市指定無形民俗文化財】
 玄清法流盲僧琵琶(玄清法流盲僧琵琶保存会)【福岡県指定無形文化財】
 今宿青木獅子舞(今宿青木獅子舞保存会)【福岡市指定無形民俗文化財】
 博多松ばやし稚児舞(博多松ばやし稚児西流)【国選択・福岡県指定無形民俗文化財】

問い合わせ先
 福岡市経済観光文化局文化財活用部文化財活用課 
 TEL 092-711-4862/FAX 092-733-5537
 

一覧に戻る