新着情報

★「福岡市の文化財の保存活用に関する基本方針~福岡市歴史文化基本構想~」を策定しました!

【2019年3月29日】

印刷する

福岡市は、古来、⼤陸に対する⽞関⼝の役割を果たし、2000 年以上、対外交流の拠点として進化してきた都市です。そのような歴史文化の重なりを背景に、現代においても独⾃の⽂化が息づく九州最⼤の活⼒ある都市として発展を続けています。

 

一方で,本市は、⼈⼝増加に伴い、都市機能が次々と更新されており、地域コミュニティの変容等によって地域の⽂化財の価値が認識されないまま失われてしまう可能性があります。

 

そのため,地域コミュニティの変容など⽂化財を取り巻く状況の変化に対応しながら、多くの⼈が参画し社会全体で将来にわたって⽂化財を継承し、都市のさらなる活⼒と魅⼒につなげていくために、「福岡市の文化財の保存活用に関する基本方針~福岡市歴史文化基本構想~」を策定し,⽂化財の総合的な保存活⽤を図るものです。

本編 分割ダウンロード

一覧に戻る