毎日が発掘

博多区の遺跡情報

お近くの遺跡情報を紹介します。写真をクリックすると各文化財の詳細を表示します。

井相田C遺跡

井相田C遺跡では、1985年に学校南側の西日本新聞社印刷工場、1986年には板付中学校敷地内の発掘調査を行い、主に奈良時代~平安時代前期(8世紀~10世紀の掘立柱の建物(40棟以上)、倉庫(8棟以上)、井戸址、古代官道の側溝、水路、水田跡などが発見され、当時の一大集落であることがわかりました。また、井戸から出土した「木簡(もっかん)」には「額田ア(ぬかたべ)、丸ア(わにべ)、…押勝」などの墨書があり、文字の普及が知られます。更に後の室町~戦国時代(15世紀)にはこの遺跡は水田として利用され、掘られた灌漑(かんがい)用の溜池からは、土器類とともに「柿経(こけらきょう)」という細い薄板に経文(きょうもん)を書写(しょしゃ)したものも出土し、当時の宗教信仰を知るうえで貴重な成果があげられました。

その他の写真