筥崎宮鳥居

【指定】国指定 【種別】建造物

筥崎宮鳥居

 この筥崎宮の一の石鳥居は、最も多い明神鳥居の一変形で、黒ずんで荒い肌を見せている石材は、肥前鷹島(現長崎県)の産である。柱に「于●慶長第十四太歳舎己酉季秋中旬」、「豊臣黒田筑前守長政建立」の刻銘が施されており、慶長14年(1609)福岡藩主黒田長政による建立であることがわかる。
 明神鳥居の形式は、奈良時代の末ごろにできたといわれている。その特色は、柱が八字形に上部で内側の傾斜し、いわゆる「転び」の様式をとり、柱脚には亀腹(饅頭)という基礎があり、笠木、島木は曲線を描き、両端で反りをみせ、反増となり、笠木、島木の先端(鼻)は斜めに切られている。
 ところで、筥崎宮鳥居の著しい形式上の特色は、上部の笠木と島木が形式化して、単なる刳り出しとして表現され、笠木、島木の両端が包丁反りになっている点にある。また、割り出しがどっしりしており、藩主の大社への寄進にふさわしく、九州の代表的な鳥居である。

副 称 石造明神鳥居 柱に慶長第十四太歳舎己酉季秋中旬の刻銘あり
指 定 国指定
区 分 有形文化財
種 別 建造物
所 在 地 福岡市東区筥崎1丁目22-1
時 代 江戸
所 有 者 宗教法人 筥崎宮

近隣の文化財