荒平城跡

【指定】その他 【種別】その他

荒平城跡

 早良平野を貫流する室見川(早良川)上・中流域の東西丘陵や山頂には、荒平城をはじめ飯盛城、都地城、曲淵城など平野の要所を占める中世山城が知られている。
 荒平城は油山の一支山である荒平山(標高392m)にあり、豊後の戦国大名大友氏の配下にあった小田部民部大輔鎮通が、天文22年~天正7年(1553~1579)の間、居城とした。山頂を本丸(方30間)とし、その下の尾根部分を二の丸(方15間)とする。天正7年、肥前龍造氏に攻められ落城した。
 なお古文書にはこれより以前の寛正6年(1465)、文明10年(1478)に荒平城のことが見えている。
 現在も堀切、石垣、土塁などが残り、本丸跡には安楽平城跡の碑が建つ。

指 定 その他
区 分 その他
種 別 その他
所 在 地 福岡市早良区荒平山
時 代 室町