万葉歌碑(志賀島第6号歌碑)

【指定】その他

万葉歌碑(志賀島第6号歌碑)

「志賀のあまの塩やく煙風をいたみ
               立ちは昇らず山にたなびく」(巻7・1246)

 志賀島西部叶の浜、蒙古塚より道路を隔てた海側に建てられている。
 志賀の海人の藻塩を焼く煙は、風が強いので、立ち昇らずに山にたなびいている。という意味である。当時の製塩作業の一部を詠んだもので、生活の一端が活写されている。

指 定 その他
所 在 地 福岡市東区大字志賀島
時 代 現在