新着情報

「歴史の風~ふくおか文化財だより~」vol.32 2021年4月号を発行しました

【2021年3月23日】

印刷する

今月号のラインナップ

○大濠公園の意外な?歴史

季節は春、今から新緑の季節を迎えるにあたり人気の場所が大濠公園です。そこに隠された意外な?歴史を紹介します。

○大濠公園 浮見堂

○~ 上品な甘さとさっぱりした後味 ~幻の甘味料 「甘葛(あまづら)」
甘葛は奈良・平安時代に好まれた甘味料で、『枕草子』「あてなるもの(上品で雅なもの)」の段に、けずった氷に甘葛をかけたものが登場します。貴族でもなかなか口にできない贅沢品で、鴻臚館に滞在した外国使節も食べたかもしれません。砂糖の普及とともに、江戸時代には原材料や作り方も忘れ去られた、幻の味です。

○~ 発掘調査 記録技術の今昔 ~出土品を測る
出土品は正面や横からみた「実測図」として示されますが、最新の技術ではデジタル画像から立体的なデータを作成することが可能となっています。実測図では表現できない出土品の立体的な特徴や色合いを手軽に再現し、記録として残すことができるようになりました。

○~ 埋蔵文化財センターだより ~考古学出前講座!人気の遺物は?
今回は、令和2年度人気ナンバーワンの遺物を紹介します!

パソコン閲覧用データはこちらからダウンロード→→

印刷用データはこちらからダウンロード→→

一覧に戻る