「やよいの風公園」花畑プロジェクト報告(コスモス満開,菜の花種まき)

国史跡吉武高木遺跡「やよいの風公園」(西区)の,隣接地約5,000㎡では,秋はコスモス,春は菜の花を咲かせて多くの方に公園を楽しんでもらう「花畑プロジェクト」を地域と進めています。
 約20万本のコスモスが10月中旬頃には見頃になりました。ここ数年で一番綺麗な花が咲き揃い,花は来園者の方に,自由に摘み取って持ち帰っていただきました。
 花が盛りを過ぎた11月上旬,コスモスを刈り取り,除草した草を堆肥化して蓄えていたものを畑に撒き,春の菜の花畑に向け準備を開始しました。そして,11月18日(水)の種まきは,秋とは思えない汗ばむ陽気の中で,今年も地域の皆さんを中心に15名近くが参加し, 2人1組のチームで,効率よく種まき作業を行いました。皆さんの手慣れた作業のおかげで,短時間で作業は終了しました。菜の花が咲く春には新型コロナの影響も落ち着き,皆さんと一緒に菜の花を楽しめればと思います。


 ◎ マナーアップのお願い 
 さて,国史跡吉武高木遺跡「やよいの風公園」も市民の皆さんからの認知度も上がり,先月のコスモス満開時には,たくさんの方にご来園いただきました。また,休日のみならず平日も多くの方にお越しいただけるようになっています。ただ,犬をリード無しで散歩させたり,カラオケを持ち込んで大音量で歌ったり,バーベキューをしたり等,他の来園者,地元の方に迷惑をかける利用も多くなっています。公園は皆さんで利用いただくものです。ルールを守らないばかりに,このままでは禁止事項を書いた看板ばかりが目立つ公園となってしまいます。公共のルールを再度ご理解いただき,皆さんが気持ちよく過ごせる空間であって欲しいと切に願います。遺跡と共に,公共ルールを守る心も次世代に残していきたいものです。