文化財情報検索

筥崎宮の玉取祭 東区

印刷する

指 定 未指定
所 在 地 福岡市東区箱崎1丁目22-1
時 代 現在
所 有 者 宗教法人 筥崎宮

紹介文

 1月3日に集団で競って玉取を行い、その年の吉凶を占う正月行事であり、通称「玉せせり」と呼ばれる。玉せせりに使われるのは重さ8kgほどもある木製の霊珠(男玉)で、境内において藁束で洗った後、種油によって吹き上げる玉洗式を行い、筥崎宮の北200mほどの場所にある末社玉取恵比須神社に移される。ここで祭典の後、神職より氏子からなる締め込み姿の競子に玉が手渡されると奪い合いが始まり、本宮までの200mの間競り合う。最初は子供による玉せせりが行われ、続いて大人たちによる競り合いが行われる。最後に玉を奪ったものが楼門の神職に手渡し行事を終え、玉を納めた競子がその年一番の幸運者とされ、その競子の属する地区が恵比須信仰による吉運に恵まれるとされている

その他の写真

地図

近隣の文化財

  • 1 石燈籠一基 東区

     本殿に向って右側に立っている。花崗岩製で、笠、火袋、中台、基礎など、全体の基本となる各部は六角形に作る。  鎌倉時代の石燈籠に見るよう...
    詳細を見る
  • 2 筥崎宮 東区

     筥崎宮は応神天皇・神功皇后・玉依姫命を祭神とし、延長元年(923)、穂波郡大分八幡宮から移設されたのが創建とされる。神功皇后は応神天皇を生...
    詳細を見る
  • 3 筥崎宮神幸行事 東区

     筥崎宮の御神幸は、放生会の期間中に、隔年(西暦奇数年)9月12日から14日にかけて執行されている。古くは博多夷町の頓宮まで、海上渡御の御神幸...
    詳細を見る
  • 4 筥崎宮鳥居 東区

     この筥崎宮の一の石鳥居は、最も多い明神鳥居の一変形で、黒ずんで荒い肌を見せている石材は、肥前鷹島(現長崎県)の産である。柱に「于●慶長第...
    詳細を見る
  • 5 筥崎宮拝殿 東区

     本殿同様に天文15年(1546)年、大内義隆が建立したものである。宗像神社と同じく本殿の正面中央部にT字形をなして接し、妻を正面とした切妻造...
    詳細を見る
  • 6 筥崎宮本殿 東区

     大内義隆が天文15年(1546)に建立したもので、九間社流造である。向拝各間の正面には、それぞれ登勾欄付木階が設けられている。左右側面一間に...
    詳細を見る

近辺情報

時代別検索

エリア・マップ検索

種別検索

キーワード検索

  • クリア
  • 検索
カテゴリーの紹介
建造物
絵画
彫刻
工芸品
書跡・典籍・古文書
考古資料
歴史資料
無形文化財
無形民俗文化財
有形民俗文化財
史跡
名勝
天然記念物
文化的景観
伝統的建造物群保存地区
選定保存技術
埋蔵文化財
その他