文化財情報検索

野方遺跡 西区

印刷する

指 定 国指定
区 分 記念物
種 別 史跡
所 在 地 福岡市西区野方
時 代 弥生、古墳

紹介文

 野方遺跡は、弥生時代後期から古墳時代前期(今から約1800年前から1700年前)の大規模な集落跡である。1973年に福岡市教育委員会によって発掘調査が実施されている。発掘調査の結果、弥生時代には環濠と呼ばれる大小2つの溝を巡らしていたことが明らかとなった。大きい環濠は、長径が約100メートル前後の楕円形で、その中には竪穴住居が10軒程度たてられていた。小さい環濠は一辺25~30mの方形で、東側に出入り口が設けられていた。内部には高床式倉庫が建てられ、穀物等を貯蔵していたと考えられる。
 古墳時代の前期には、大小の環濠はすでに埋まっていたようだが、100件を超える竪穴住居が作られ、大きな集落が営まれていた。集落のはずれには箱式石棺墓や 木棺墓を用いた墓地があり、中国製の鏡(獣帯鏡・内行花文鏡)、鉄刀、管玉やガラス玉などの装身具が副葬されていた。
 これらの調査成果を受けて保存がはかられ、1975年には国史跡に指定された。
住居展示館などが整備され、当時の生活が学べるようになっている。
*住居跡展示館 開館9:00~17:00(入館は16:30)。12月29日~1月3日休館。無料。TEL092-812-3710

その他の写真

地図

近隣の文化財

  • 1 広石古墳群 西区

     野方から今宿に抜ける広石越えの南側山稜にある。4群9基の円墳からなる古墳群で、うち7基が昭和50年高校の建設に先だって発掘調査された。  ...
    詳細を見る

近辺情報

時代別検索

エリア・マップ検索

種別検索

キーワード検索

  • クリア
  • 検索
カテゴリーの紹介
建造物
絵画
彫刻
工芸品
書跡・典籍・古文書
考古資料
歴史資料
無形文化財
無形民俗文化財
有形民俗文化財
史跡
名勝
天然記念物
文化的景観
伝統的建造物群保存地区
選定保存技術
埋蔵文化財
その他