文化財情報検索

銅造誕生釈迦仏立像 東区

印刷する

指 定 市指定
区 分 有形文化財
種 別 彫刻
所 在 地 福岡市東区箱崎2丁目10ー20
時 代 奈良
所 有 者 宗教法人 天満宮

紹介文

 誕生仏とは釈迦誕生時の、「天上天下唯我独尊」の言葉を形象化し、右手で天を指し、左手で地を指す姿をとる。また釈迦誕生を祝う4月8日の灌仏会も7世紀から行われている。
 銅像鍍金で総高は9.2cmであり、台座は後補である。上半身は裸形で、頭部頂よりほぞまで一鋳である。裳は、正面は膝上まで、背面は蓮肉につくまで長くなっている。
 伝来の由来は不明であるが、飛鳥~平安時代の誕生仏遺品は九州でも数体を数えるに過ぎず、仏教信仰の広がり・定着など、仏教受容のあり方を伝える誕生仏である。

地図

近隣の文化財

  • 1 永和三年銘梵字板碑 東区

     通称箱崎天満宮の境内にある。板碑は玄武岩製で高さ61cm。正面上部に三つの円相があり、上にキリーク(阿弥陀如来)、右にサ(観世音菩薩)、左...
    詳細を見る
  • 2 天満宮板碑 東区

     バス通りより路地を西に入った通称箱崎天満宮の境内にある。市指定文化財の板碑は玄武岩製で高さ61cm。正面上部に三つの円相があり、上に阿弥陀...
    詳細を見る
  • 3 高麗犬地蔵 東区

    かつて千代の松原にあった小山に地蔵堂がありました。大正13年、そこに電車が通ることとなり移設のため発掘をしたところ、地中から狛犬の形をし...
    詳細を見る
  • 4 長性禅寺 東区

    天正15 年(1587 年)豊臣秀吉が九州征伐で訪れた際、相判役だった千利休に命じて茶席の庭を築かせた際、庭石に使ったと言われる石2つが、本庭...
    詳細を見る
  • 5 網屋地蔵大菩薩(網屋本町) 東区

    南北朝時代、多々良浜の合戦で敗れた菊池勢の武将や兵士を地元の人々が丁寧に葬り、供養のために建てた石碑が地蔵菩薩として祀られたという言い...
    詳細を見る
  • 6 網屋地蔵大菩薩(網屋立筋) 東区

    南北朝時代、多々良浜の合戦で敗れた菊池勢の武将や兵士を地元の人々が丁寧に葬り、供養のために建てた石碑が地蔵菩薩として祀られたという言い...
    詳細を見る

近辺情報

時代別検索

エリア・マップ検索

種別検索

キーワード検索

  • クリア
  • 検索
カテゴリーの紹介
建造物
絵画
彫刻
工芸品
書跡・典籍・古文書
考古資料
歴史資料
無形文化財
無形民俗文化財
有形民俗文化財
史跡
名勝
天然記念物
文化的景観
伝統的建造物群保存地区
選定保存技術
埋蔵文化財
その他