文化財情報検索

鍍金鐘 早良区

印刷する

指 定 国指定
区 分 有形文化財
種 別 工芸品
所 在 地 福岡市早良区百道浜3-1-1 福岡市博物館
時 代 鎌倉
所 有 者 宗教法人 志賀海神社

紹介文

 志賀海神社に伝来した高麗時代の梵鐘で、総高52.8cm、口径30.5cmである。龍頭・甬と鐘身は別鋳し、部分的に鍍金の痕跡が残っている。鐘身には4面に撞座が設けられ、雲・仏像・神将・飛翔する楽器などが表現されている。
 装飾性に富んだ鐘で、精巧な造形と均整の取れた優品である。

地図

近隣の文化財

  • 1 金印 早良区

     「漢委奴国王」金印は、天明4年(1784)に志賀島(現在、福岡市東区)の叶崎(かなのさき)というところで二人持ほどの石の下から発見された。発見...
    詳細を見る
  • 2 福岡市博物館 早良区

     シーサイドももちの中央、福岡タワーを背にして建つ。平成元年のアジア太平洋博覧会ではテーマ館にもなったハーフミラー貼りの建物は、ガラスの...
    詳細を見る
  • 3 西南学院大学博物館(ドージャー記念館) 早良区

     西南学院大学博物館(ドージャー記念館)は、大正9年(1918)に着工、大正10年(1921)に完成した。設計は、明治38年(1905)に来日し、昭和1...
    詳細を見る
  • 4 元寇防塁(西新地区) 早良区

     文永11年(l274)蒙古の襲来を受けた鎌倉幕府は、建治2年(1276)に博多湾の海岸線に石築地(いしついじ)を築いて再度の来襲に備えることに...
    詳細を見る
  • 5 九州大学西新外国人教師宿舎第3号棟 早良区

     大正11年(1922)、福岡市大坪町(現中央区六本松)に福岡高等学校が設置され、日本人教職員及び外国人教師のための宿舎が必要となった。そのた...
    詳細を見る
  • 6 元寇防塁(百道地区) 早良区

     文永11年(l274)蒙古の襲来を受けた鎌倉幕府は、建治2年(1276)に博多湾の海岸線に石築地(いしついじ)を築いて再度の来襲に備えることにした...
    詳細を見る

近辺情報

時代別検索

エリア・マップ検索

種別検索

キーワード検索

  • クリア
  • 検索
カテゴリーの紹介
建造物
絵画
彫刻
工芸品
書跡・典籍・古文書
考古資料
歴史資料
無形文化財
無形民俗文化財
有形民俗文化財
史跡
名勝
天然記念物
文化的景観
伝統的建造物群保存地区
選定保存技術
埋蔵文化財
その他