文化財情報検索

金印 早良区

印刷する

副 称

(印文「漢委奴國王」) 福岡県糟屋郡志賀島村出土

指 定 国指定
区 分 有形文化財
種 別 考古資料
所 在 地 福岡市早良区百道浜3-1-1 福岡市博物館
時 代 弥生
所 有 者 福岡市

紹介文

 「漢委奴国王」金印は、天明4年(1784)に志賀島(現在、福岡市東区)の叶崎(かなのさき)というところで二人持ほどの石の下から発見された。発見者は百姓甚兵衛である(あるいは秀治と喜平ともいい、この2人は甚兵衛の傭人ともいう)。発見のもようを伝えるのは、当時の那珂郡役所奉行津田源次郎に宛てて甚兵衛がさし出した「天明四年志賀島村百姓甚兵衛金印掘出・付口上書」である。
 金印を最初に鑑定したのは、当時の黒田藩西学問所、甘棠館の館長亀井南冥である。南冥は『金印弁』を著わして、『後漢書』東夷伝に、「建武中元二年(西暦57年)、東夷倭奴國、奉貢朝賀す、使人自ら大夫と称す、倭國の極南界なり、光武、賜うに印綬を以てす」とある漢印そのものであることを説き、金印の重要性を訴えた。南冥の努力により、金印は黒田藩庫に納められ、永く保存されることになる。
 その後、江戸時代から現在まで多くの学者が金印の考証、研究をすすめてきた。金印偽物説もとなえられたことがあるが、中国古印や金印の科学的測定によって否定されている。今日ではこの金印が、光武帝より委奴国王に賜与された印であることは疑う余地がない。
 岡崎敬氏が通産省計量研究所の協力で1966年に実施した金印の測定結果によれば、総高2.236cm、鈕高1.312cm、印面の長さ平均2.347cm、質量108.729g、体積6.062、比重17.94の鋳造品である。印面の寸法は漢代官印の方一寸に合致するものである。印面には、漢隷で漢・委奴・國王の三行五文字が薬研彫りに陰刻され、鈕は蛇がとぐろを巻いて頭を右上方へ向ける姿を表わし、綬を通す孔がある。
 印文の読み方については、江戸時代には、「漢のイト(伊都)国王」説が主流を占めたが、1892年に三宅米吉博士が「漢のワ(倭)のナコク(奴国)王」と読み、今日ではこの読み方が定説化している。偽物説の一つの根拠となった蛇鈕については、1957年に中国雲南省晋寧県石寨山の古墓から、「王之印」蛇鈕金印が発見され、金印が真物であることを例示した。
 今日、最も問題となっているのは、志賀島から出土した理由と出土遺跡の性格に関するものである。これらについての論争は、大正時代の初めから行われ、墳墓説、隠匿説、志賀海神社磐座説、祭祀遺跡説などの諸説がある。現在も決着はついておらず、考古学上の重要な課題となっている。
 金印は、わが国の古代史や対外交渉史を考える上で、きわめて重要な歴史資料であることから、昭和29(1954)年に国宝に指定された。永く東京国立博物館に寄託されていたが、福岡市美術館の開館にともない、1978年に黒田家から福岡市に寄贈された。

地図

近隣の文化財

  • 1 福岡市博物館 早良区

     シーサイドももちの中央、福岡タワーを背にして建つ。平成元年のアジア太平洋博覧会ではテーマ館にもなったハーフミラー貼りの建物は、ガラスの...
    詳細を見る
  • 2 鍍金鐘 早良区

     志賀海神社に伝来した高麗時代の梵鐘で、総高52.8cm、口径30.5cmである。龍頭・甬と鐘身は別鋳し、部分的に鍍金の痕跡が残っている。鐘身には4...
    詳細を見る
  • 3 西南学院大学博物館(ドージャー記念館) 早良区

     西南学院大学博物館(ドージャー記念館)は、大正9年(1918)に着工、大正10年(1921)に完成した。設計は、明治38年(1905)に来日し、昭和1...
    詳細を見る
  • 4 元寇防塁(西新地区) 早良区

     文永11年(l274)蒙古の襲来を受けた鎌倉幕府は、建治2年(1276)に博多湾の海岸線に石築地(いしついじ)を築いて再度の来襲に備えることに...
    詳細を見る
  • 5 九州大学西新外国人教師宿舎第3号棟 早良区

     大正11年(1922)、福岡市大坪町(現中央区六本松)に福岡高等学校が設置され、日本人教職員及び外国人教師のための宿舎が必要となった。そのた...
    詳細を見る
  • 6 元寇防塁(百道地区) 早良区

     文永11年(l274)蒙古の襲来を受けた鎌倉幕府は、建治2年(1276)に博多湾の海岸線に石築地(いしついじ)を築いて再度の来襲に備えることにした...
    詳細を見る

近辺情報

時代別検索

エリア・マップ検索

種別検索

キーワード検索

  • クリア
  • 検索
カテゴリーの紹介
建造物
絵画
彫刻
工芸品
書跡・典籍・古文書
考古資料
歴史資料
無形文化財
無形民俗文化財
有形民俗文化財
史跡
名勝
天然記念物
文化的景観
伝統的建造物群保存地区
選定保存技術
埋蔵文化財
その他