文化財情報検索

夫婦塚二号墳 西区

印刷する

指 定 市指定
区 分 記念物
種 別 史跡
所 在 地 福岡市西区金武1668番地
時 代 古墳

紹介文

 江戸時代に著された『筑前国続風土記付録』に「(金武村)乙石の北二丁斗に石窟二あり、共に口は南にむかへり」と記された2基の古墳で、現在は1基だけ(2号墳)がその墳丘をとどめている。昭和53年に1号墳の石室と墓道の一部および2号墳の石室が、2004年に1号墳と2号墳の周溝が調査されている。
 1号墳は明治時代末開墾されて農地になっているが、発掘調査で1号墳の東北40mに横穴式石室の腰石部分が残存していることがわかった。石室全長は10.5m。しかし、昭和53年の調査後に石室の石が抜かれており、現在石室は残っていない。周溝内側で一辺約22mの方墳である。
 2号墳は周溝内側で一辺約35mの方墳である。墳丘の高さは、約4.5m。全長11.5mの複室の横穴式石室が、南側に向かい開口する。玄室は各面を1石ずつの花崗岩の巨石で組み上げたものである。石室はほぼ完全に残り、現在も中に入ることが可能。
 2基とも6世紀終わり頃の築造と考えられる。2号墳は市指定史跡で、墳丘北側に説明板が立つ。

その他の写真

地図

近隣の文化財

  • 1 浦江古墳群1号墳 西区

     2001年度から着手された浦江地区圃場整備予定地内の発掘調査によって、12基以上の古墳時代後期古墳からなる浦江古墳群が発見された。  1号墳...
    詳細を見る
  • 2 金武宿跡 西区

     福岡と佐賀とを結ぶ三瀬街道の宿場跡。福岡藩内の筑前二十一宿のひとつである。  宿場の中心には人馬継所(馬や人足を手配するところ)があり...
    詳細を見る

近辺情報

時代別検索

エリア・マップ検索

種別検索

キーワード検索

  • クリア
  • 検索
カテゴリーの紹介
建造物
絵画
彫刻
工芸品
書跡・典籍・古文書
考古資料
歴史資料
無形文化財
無形民俗文化財
有形民俗文化財
史跡
名勝
天然記念物
文化的景観
伝統的建造物群保存地区
選定保存技術
埋蔵文化財
その他