文化財情報検索

福岡藩主黒田家墓所 博多区

印刷する

指 定 市指定
区 分 記念物
種 別 史跡
所 在 地 福岡市博多区御供所町2番4号
時 代 江戸
所 有 者 宗教法人 東長寺

紹介文

 大博通りに沿って、東長寺の築地塀越しに巨大な五輪塔がそびえている。福岡二代藩主黒田忠之(慶長7・1602~承応3年・1654)、三代藩主黒田光之(寛永5・1628~宝永4年・1707)、八代藩主黒田治高(宝暦4・1754~天明2年・1782)の墓所である。
  墓碑は三藩主とも花崗岩製の五輪塔であり、それぞれの墓碑は四十九本の花崗岩製の卒塔婆で囲まれている。
 承応3年(1654)2月12日に没した忠之の遺骸は、翌13日東長寺に安置され、在江戸の光之の命を待って3月21日同寺に葬られた。
 墓前に並ぶ5基の五輪塔はこの時殉死した田中五郎兵衛栄清(龍華院殿春庭永喜)、竹田助之進義成(春嶺院殿花心淨蓮)、長濱九郎右衛門重勝(修徳院殿道壽宗清)、深見五郎右衛門重昌(實相院殿一如真空)、尾上二左衛門勝義(陽桃院殿長壽正仙)の墓碑である。また傍らには、同じくこの時殉死した明厳院(山伏秀栄)の墓碑が建つ。
 宝永4年(1707)5月20日に没した光之の遺骸は、22日東長寺に安置され、26日葬送の儀式があって棺は仮屋に納められた。
 天明2年(1782)8月21日の治高の逝去は、佐賀藩への長崎番交代依頼、幕府との養嗣子相続確認のため、10月24日まで公表されなかった。逝去当日崇福寺で法事が営まれた後、11月3日遺骸は東長寺に安置された。

その他の写真

地図

近隣の文化財

  • 1 東長寺六角堂 博多区

     東長寺は真言宗九州教団の本山であり、山号を南岳山と号す。弘法大師を本尊にまつる。  寺伝では、大同元年(806)、唐から帰国した空海(弘...
    詳細を見る
  • 2 東長寺 博多区

     真言宗九州教団の本山。山号は南岳山。本尊は弘法大師。  寺伝では大同元年(806)、唐から帰国した空海(弘法大師)が海辺の地に一伽藍を...
    詳細を見る
  • 3 龍宮寺 博多区

     浄土宗鎮西派。山号の冷泉山は博多津の異称冷泉津にちなむ。  開山谷阿上人。開基年不詳。初め袖の湊の海辺にあり寺内まで潮が入ったので浮御...
    詳細を見る
  • 4 博多遺跡群 博多区

     JR博多駅北側の南北1.6km、東西0.8kmにひろがる遺跡である。弥生時代以来現代までの各時代の遺構が重複して遺されているが、中世の貿易都市「...
    詳細を見る
  • 5 妙楽寺 博多区

     東長寺東側を南北に走る御供所通りの奥にある。 臨済宗大徳寺派。山号は石城山。正和5年(1316)、大応国師(南浦紹明)の法弟月堂宗規の開基...
    詳細を見る
  • 6 旅館 鹿島本館 博多区

    旅館鹿島本館は博多の総鎮守櫛田神社の門前に位置する。ここはかつて万行寺前町と呼ばれ、旧博多駅が開業した後は、周辺に木造旅館が林立、一時...
    詳細を見る

近辺情報

時代別検索

エリア・マップ検索

種別検索

キーワード検索

  • クリア
  • 検索
カテゴリーの紹介
建造物
絵画
彫刻
工芸品
書跡・典籍・古文書
考古資料
歴史資料
無形文化財
無形民俗文化財
有形民俗文化財
史跡
名勝
天然記念物
文化的景観
伝統的建造物群保存地区
選定保存技術
埋蔵文化財
その他