文化財情報検索

博多遺跡群 博多区

印刷する

指 定 その他
区 分 埋蔵文化財
種 別 埋蔵文化財
所 在 地 福岡市博多区JR博多駅前一帯
時 代 弥生、古墳、飛鳥、奈良、平安、鎌倉、南北朝、室町、安土桃山、江戸、明治、大正、昭和、現在

紹介文

 JR博多駅北側の南北1.6km、東西0.8kmにひろがる遺跡である。弥生時代以来現代までの各時代の遺構が重複して遺されているが、中世の貿易都市「博多」の遺跡として注目されている。
 昭和52年以来の発掘調査では、中国産をはじめ膨大な量の輸入陶磁器が出土し、博多が古代から中世にかけて国際貿易の拠点であったことを考古学上裏付けている。また博多の都市景観や生活の諸様相の解明も進んできている。
 博多駅地下祇園方面連絡口の「博多区まちかど文化広場」には遺跡群の展示コーナーがあり、出土遺物は福岡市博物館や埋蔵文化財センターで見ることができる。また大博通り東側歩道には、博多駅を基点とし那の津通りまでの約2kmにわたり、博多遺跡群出土品のレプリカ、写真、古図を展示した「歴史の散歩道」が整備されている。

その他の写真

地図

近隣の文化財

  • 1 東長寺六角堂 博多区

     東長寺は真言宗九州教団の本山であり、山号を南岳山と号す。弘法大師を本尊にまつる。  寺伝では、大同元年(806)、唐から帰国した空海(弘...
    詳細を見る
  • 2 東長寺 博多区

     真言宗九州教団の本山。山号は南岳山。本尊は弘法大師。  寺伝では大同元年(806)、唐から帰国した空海(弘法大師)が海辺の地に一伽藍を...
    詳細を見る
  • 3 龍宮寺 博多区

     浄土宗鎮西派。山号の冷泉山は博多津の異称冷泉津にちなむ。  開山谷阿上人。開基年不詳。初め袖の湊の海辺にあり寺内まで潮が入ったので浮御...
    詳細を見る
  • 4 福岡藩主黒田家墓所 博多区

     大博通りに沿って、東長寺の築地塀越しに巨大な五輪塔がそびえている。福岡二代藩主黒田忠之(慶長7・1602~承応3年・1654)、三代藩主黒田光之...
    詳細を見る
  • 5 旅館 鹿島本館 博多区

    旅館鹿島本館は博多の総鎮守櫛田神社の門前に位置する。ここはかつて万行寺前町と呼ばれ、旧博多駅が開業した後は、周辺に木造旅館が林立、一時...
    詳細を見る
  • 6 蒙古碇石 博多区

     博多湾を中心として発見される特殊な考古資料に、「蒙古碇石」がある。  全長が2~3mの角柱状の石で、中央部が最も広く、両端がややせまくな...
    詳細を見る

近辺情報

時代別検索

エリア・マップ検索

種別検索

キーワード検索

  • クリア
  • 検索
カテゴリーの紹介
建造物
絵画
彫刻
工芸品
書跡・典籍・古文書
考古資料
歴史資料
無形文化財
無形民俗文化財
有形民俗文化財
史跡
名勝
天然記念物
文化的景観
伝統的建造物群保存地区
選定保存技術
埋蔵文化財
その他