文化財情報検索

八雲神社 西区

印刷する

指 定 その他
区 分 その他
種 別 その他
所 在 地 福岡市西区今宿上ノ原字天神
時 代 その他
所 有 者 八雲神社

紹介文

 祭神はもと素盞鳴命(すさのおのみこと)、櫛稲田姫命(くしいなだひめのみこと)、大己貴命(おおなむちのみこと)。明治年間に村内の4社から6神を合祀し、現在9神を祭る。市指定文化財の若武者絵馬は、黒田藩四代藩主綱政が、元禄14年(1701)青木神社(祇園社)に奉納したもので、筑前御用絵師の重鎮狩野昌運の筆になる。
 正月元旦には獅子舞が奉納される。文久三年(1863)銘の小太鼓が残っており、近世末期には成立していたものと考えられる。
 演劇的要素の強い獅子舞であり、福岡市の無形民俗文化財に指定されている。

地図

近隣の文化財

  • 1 今宿青木獅子舞 西区

     今宿青木の獅子舞も、元岡・宇田川原と同型の、旧糸島・早良郡下に流布していたと見られる演劇的要素の強い獅子舞である。  伝播の経路は詳か...
    詳細を見る
  • 2 今宿古墳群(鋤崎古墳) 西区

     今宿平野の東端に位置する前方後円墳である。昭和56~58年にかけて福岡市教育委員会が調査を行った。  墳長62m、高さ7mの墳丘は、三段に作...
    詳細を見る
  • 3 谷上古墳 西区

     バイパスの今宿谷を南に入り、集落を抜けたところから山道にはいる。この高祖山からのびる尾根を15分ほど登った標高78mの地点に谷上古墳がある...
    詳細を見る

近辺情報

時代別検索

エリア・マップ検索

種別検索

キーワード検索

  • クリア
  • 検索
カテゴリーの紹介
建造物
絵画
彫刻
工芸品
書跡・典籍・古文書
考古資料
歴史資料
無形文化財
無形民俗文化財
有形民俗文化財
史跡
名勝
天然記念物
文化的景観
伝統的建造物群保存地区
選定保存技術
埋蔵文化財
その他