文化財情報検索

白鬚神社拝殿 西区

印刷する

指 定 市指定
区 分 有形文化財
種 別 建造物
所 在 地 西区能古
時 代 江戸
所 有 者 (宗)白鬚神社

紹介文

 構造形式は、木造、正面三間、側面三間、切妻造、桟瓦葺、正面4.862m(16.0尺)、側面7.094m(23.4尺)、南面。

方柱に縁長押、内法長押、頭貫が取り付く。組物は柱上の大斗舟肘木が桁を支える。軒は一軒疎垂木。妻飾は虹梁上の束と扠首が棟を支え、破風拝に蕪懸魚を付ける。正面中央間両引格子戸、脇間格子、両側面の引違い板戸。建具は後補であり、当初は吹き放ちであろう。正面の1間向拝は柱に水引虹梁、木鼻が取り付き、柱上に大斗と絵様肘木を据える。

 建築年代は明らかではないが、虹梁や木鼻の絵様などから、寛政~文政期(18世紀末から19世紀前期)頃のものと考えられる。垂木より上は昭和58年の屋根葺替工事で取り替えられた。

 当遺構は玄界灘に面した地域の代表的拝殿である切妻造妻入りの拝殿であり、改造は少なく当初からの素朴な状態を保つ点で価値が高い。

その他の写真

地図

近隣の文化財

  • 1 白鬚神社本殿 西区

     白鬚神社は能古島の南端部に所在する。主神は住吉明神であり、他に三神が祀られる。創建は不明ながら、元々は能古山頂に近い本の辻に現存する...
    詳細を見る
  • 2 白鬚神社 西区

     祭神は神功皇后(じんぐうこうごう)、猿田彦命(さるたひこのみこと)、三筒男命(みつつおのみこと)など。由緒は不詳だが、奈良時代の創建と...
    詳細を見る
  • 3 能古島白鬚神社おくんち行事 西区

     白鬚神社は能古島字東にあり、島内五ヵ所の集落のうち、大泊を除く江ノロ・東・西・北浦の四集落(字)が祭祀に携わっている。例祭は10月9日と11...
    詳細を見る
  • 4 万葉歌碑(能許) 西区

     能古島の南端、渡船場の山手に能古博物館がある。江戸時代に御用窯であった能古窯跡があり、そこを上りつめると永福寺箱式石棺墓と隣接して万葉...
    詳細を見る
  • 5 能古焼古窯跡 西区

     明和~天明年間(1764~1787)の短い間に操業された藩窯で、昭和63年に発掘調査された。現在、博物館敷地内に保存されている。  天井部は失わ...
    詳細を見る
  • 6 能古博物館 西区

     「学は民生にあり」とした亀井南冥・昭陽父子の亀井学関係資料をはじめ、能古島出身の画家多々羅良雄(1894~1968)や郷土の画家の作品、筑前五...
    詳細を見る

近辺情報

時代別検索

エリア・マップ検索

種別検索

キーワード検索

  • クリア
  • 検索
カテゴリーの紹介
建造物
絵画
彫刻
工芸品
書跡・典籍・古文書
考古資料
歴史資料
無形文化財
無形民俗文化財
有形民俗文化財
史跡
名勝
天然記念物
文化的景観
伝統的建造物群保存地区
選定保存技術
埋蔵文化財
その他