毎日が発掘

最新情報

九州大学公開シンポジウムのご紹介

【2018年12月12日】

印刷する

 九州大学浅海底フロンティア研究センターでは一般公開シンポジウム「浅海底の戦争遺跡 その記録と伝承」を平成31年1月12日(土曜日)に九州大学椎木講堂で開催します。

 

 米国の戦艦エモンズは第二次世界大戦末期の沖縄戦で日本軍の攻撃を受けて航行不能となり、沖縄・古宇利島沖に沈みました。浅海底フロンティア研究センターはこの海戦跡について極めて詳細な海底地形図と三次元モデルを作成しました。シンポジウムではこの研究と近現代の歴史研究を基にして、水中戦争遺跡の保存などの問題について論じます。

 

 詳しい内容やお問い合わせは下記のホームページをご覧ください。

 

《お問い合わせ先》九州大学 先導的学術研究拠点 浅海底フロンティア研究センター

 

一覧に戻る