毎日が発掘

西区の遺跡情報

お近くの遺跡情報を紹介します。写真をクリックすると各文化財の詳細を表示します。

今宿五郎江遺跡

今宿五郎江(いまじゅくごろうえ)遺跡は今津湾に面した福岡市西部の今宿平野に位置し、平野東部の扇状地と高祖(たかそ)山から延びる丘陵の先端が接する場所に立地します。

遺跡では今宿小学校を中心として、南北270m、東西200mの範囲を巡る環濠(かんごう)が発見されました。環濠の北西側は途切れていますが、弥生時代中期末から後期初頭に掘削され、弥生時代後期の後半までは継続したと考えられます。環濠の東側で1ヶ所陸橋(りっきょう)が確認されました。集落の入り口に当たるものと考えられます。

環濠には水が流れた痕があり、水を流す機能も持っていたと考えられます。西側の調査では環濠に連結する井泉(いせん)が検出されており、井泉からあふれた水は環濠から下流に流れ込む構造になっていました。

環濠からは多量の弥生土器のほか、農耕や漁労に関わる木製品や石製品などが出土しました。また、中国の銭貨,鉄製の斧や鎌など金属製品、朝鮮半島で作られた土器も出土しました。

このことから、この集落は農耕や漁労を生業とする一方で、『魏志倭人伝(ぎしわじんでん) 』の登場する伊都国(いとこく)の交易に深く関わったと考えられています。

その他の写真