毎日が発掘

福岡市外の遺跡情報

お近くの遺跡情報を紹介します。写真をクリックすると各文化財の詳細を表示します。

福岡市外の遺跡一覧

戸原麦尾遺跡

戸原麦尾(とばらむぎお)遺跡は多々良浄水場を建設する前の発掘調査によって,鎌倉時代から室町時代初期の名主(みょうしゅ)層の館(屋形(やかた))の跡や村落の跡が発見されました。

発掘された遺構(いこう)は,掘立柱(ほったてばしら)建物(住居や倉庫・作業場など),井戸,鍛冶炉(かじろ),ごみ穴,そして土坑墓(どこうぼ)や木棺墓(もっかんぼ)などのお墓です。館のまわりには一辺が約50mの土塁(どるい)がコの字形に巡っていました。

遺構の中から,土師器(はじき)・須恵器(すえき)・瓦器(がき)などの日常生活用の国産土器や中国との貿易によってもたらされた青磁(せいじ)・白磁(はくじ)・陶器(とうき)などが出土しています。木棺墓には,青銅で作られた鳳凰(ほうおう)の文様のある柄鏡(えかがみ)・花弁の形をした鏡,ガラスの小玉などが副葬(ふくそう)されていました。

また,平安時代の大きな溝からは雨乞い祈願の絵馬(えま)も出土しており,当時の人々の水に対する厚い信仰の一端を知る貴重な資料となっています。

その他の写真