トップページ | 国史跡吉武高木遺跡「やよいの風公園」 | 福岡市の文化財

国史跡吉武高木遺跡「やよいの風公園」

国史跡吉武高木遺跡「やよいの風公園」
国史跡吉武高木遺跡「やよいの風公園」

吉武高木よしたけたかぎ遺跡とは?

吉武高木遺跡は、西に飯盛山、東に室見川を望む地に営まれた弥生時代の大規模な遺跡です。
弥生時代中期(約2,200年前~2,000年前)の「国」(地域的なまとまり)の成立と展開を知る上で特に重要な遺跡として、 平成5(1993)年に国史跡に指定されました。多くの弥生人たちが眠るこの地で「やよいの風」を感じてください。

吉武高木遺跡とは?

新着情報

一覧を見る

ページトップ