東光院境内

【指定】市指定 【種別】史跡

東光院境内

 東光院は、大同元年(806)に、最澄(伝教大師)により開山された寺院で、本尊である薬師如来立像のほか、重要文化財として指定された仏像計25体および県指定文化財(絵画)15点が所蔵されていた。
 これらの文化財が本市に寄贈され、また境内地も譲渡されたので、保存・活用を図るため寺そのものも市史跡に指定されている。
 寄贈された文化財は、福岡市美術館に収蔵・展示されている。

※ 開館日  月曜日、水曜日、金曜日、土曜日、日曜日(令和4年4月1日から)

  開館時間 午前10時~午後4時。

  12月29日から1月3日は休館

 

→リンク「東光院の開館日の変更について」

 https://bunkazai.city.fukuoka.lg.jp/news/detail/329

指 定 市指定
区 分 記念物
種 別 史跡
所 在 地 福岡市博多区吉塚三丁目20番37号
時 代 平安、その他
所 有 者 福岡市