文化財情報検索

福岡城潮見櫓 中央区

印刷する

指 定 県指定
区 分 有形文化財
種 別 建造物
所 在 地 福岡市中央区城内
時 代 江戸
所 有 者 福岡市

紹介文

現在、福岡城下の橋門(県指定「福岡城大手門」)南に接して、二層の櫓が立つ。これが、県指定「福岡城潮見櫓」である。 潮見櫓は、そもそも三ノ丸北西角(福岡城の西端角の土塁の内側)に建てられたもので、遠く玄界灘、博多湾の形勢を望み、海上からの防禦を担った。
 本櫓は、大正の初め浜の町の黒田候別邸に移された。戦後、同地が検察庁に譲渡され、櫓が解体されるに当たり、福岡郷土博物館建設委員会の手により旧位置に再建されることになったが、ここは当時米軍によってモータープールに使用されていたので、昭和31年同委員会によって現在地に復元されたものである。
 しかし、平成3年の福岡市文化財保護審議委員会委員佐藤正彦氏(九州産業大学教授、いずれも当時)による調査で、福岡城月見櫓を移したと伝えられていた崇福寺仏殿の小屋組みから、潮見櫓を移したことを記した棟札が発見された。これにより、潮見櫓の本体は、崇福寺に移築されていたことが明らかとなり、本櫓の本来の名称は不明となった。
 一方、時櫓(太鼓櫓、本丸裏御門の西に立つ二層の櫓)が浜の町の黒田家別邸に移されたという記事もあり、本櫓が太鼓櫓であったという可能性も考えられる。

その他の写真

地図

近隣の文化財

  • 1 福岡城下之橋御門 中央区

     旧福岡城の門のうち、現在も本来の位置を保っているのは、この門のみである。  旧福岡城三の丸の堀には、東側に上の橋、西側に下の橋の二...
    詳細を見る
  • 2 旧母里太兵衛邸長屋門 中央区

     黒田24騎の一人で、福島正則から名槍日本号を飲み取ったという「酒は飲め飲め…。」の筑前今様で知られる豪傑母里太兵衛の邸宅に構え...
    詳細を見る
  • 3 名島門 中央区

     名島城の脇門であったが、慶長年間、黒田長政が今の地に福岡城を築き居城を移すとき、24騎の一人である林掃部にさげ渡され、邸宅の門として...
    詳細を見る
  • 4 万葉歌碑(筑紫の館) 中央区

     「今よりは 秋づきぬらし あしひきの 山松かげに ひぐらし鳴きぬ」(巻15・3655)  舞鶴公園内、旧平和台野球場と陸上競技場の間にある。遣新...
    詳細を見る
  • 5 福岡城祈念櫓 中央区

     この祈念櫓は、本丸の東北隅に鬼門封じの祈念をするために建立されたもので、棟札によると万延元年(1860)3月に起工し、同年10月に竣工した...
    詳細を見る
  • 6 福岡城跡 中央区

     豊前国中津12万石から筑前国福岡52万石に移封された初代藩主黒田長政が、慶長6年(1601)から7年がかりで築城した城で、舞鶴城ともいう。平山...
    詳細を見る

近辺情報

時代別検索

エリア・マップ検索

種別検索

キーワード検索

  • クリア
  • 検索
カテゴリーの紹介
建造物
絵画
彫刻
工芸品
書跡・典籍・古文書
考古資料
歴史資料
無形文化財
無形民俗文化財
有形民俗文化財
史跡
名勝
天然記念物
文化的景観
伝統的建造物群保存地区
選定保存技術
埋蔵文化財
その他